ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

ビリヤードと貫禄

みなさん

world cup of pool はもうご覧になりましたか?

Austria v USA FINAL World Cup Of Pool 2017 9-ball - YouTube

結果から言ってしまいますと、オーストリアがアメリカを破って初優勝でしたね。

オーストリアは Mario He と Albin Ouschanのペアでした。

Albin Ouschanは2016ナインボール世界チャンピオンで最近グイグイと世界の舞台で活躍しているので、存じ上げておりました。

ペアのMario He(マリオ・ヒー)(Albin Ouschanと組んで過去にもworld cup of poolに出ているんですね)もかなりのモンですよ、これ!

プロ相手に(Mezzがスポンサーだった)こんな言い様はないですけどね・・。

堅実なplay。この物に動じない貫禄・・これでまだ24才ってマ~ジカ~?

いやーなんだか見た目は温厚そのものですけど、うちに秘めた闘志も垣間見えますね。

たまーに、内気にニコッと笑う笑顔の良いこと!

f:id:supragogo:20170719132836j:plain

わたしは一気にファンになってしまいましたよ。

マーリオー!!

 

 

ビリヤードと酒

私は呑兵衛である。

毎日仕事が終わるとビールを飲む。その後は焼酎・ウイスキー・ワインと続くことも。

ふらふらしているわけではないがホロ様酔い加減で撞くことがよくある。

それで、

1.ほろ酔い程度であれば適度にリラックスしており、ビリヤードには影響しない。

2.かなり酔いが回っている状態では、やはり思ったようなプレイはできない。

 

誰もが予想できる結果かと思います。

 

酔っていてもビリヤードが出来ないわけではない。じゅうぶん楽しむことはできる。

しかし自分が望むレベルのプレイは無理かなと。

良く言われることではあるが、「成功体験の積み重ねが大事。ミスショットを繰り返すとそれが刷り込まれてしまうため、一球一球を真剣に撞くべし。」

そのような意味では、酔っているとどうしても真剣度のレベルが下がる。

ミスをしても「まあ、酔ってればこんなもんかな・・・」で済ませてしまう。

・・・これは、自分では自覚していないが失敗体験の積み重ねである。

しかも、なぜミスをしたかの検証をせずに、繰り返されているもので

実はこれは練習というより、自分の感覚を削いでいるだけではなかろうか。

 

理想を言えば、「ビリヤードをする時はシラフで」

分ってはいるけれど、現実の生活ではそうもいかない。

でも、こりゃヨッパッパだなーって時には、いっその事撞かないという決断も大事だよね。

 

 

ビリヤードと携帯 2

私はビリヤードの動画をほぼ毎日見ています。

寝る前にbedの中で国内・国外問わず見るのですよ。

携帯で見ているのですが、仰向けになって片手で携帯を顔の前に維持するのって結構疲れるんだよね・・。

 

数年来、こうやって動画を見続けていると、自分でできるできないはともかく

この配置ではこうやって取るものだという流れはかなりわかるようになりました。

(当然ながら、予想外・規格外のショットをしてくれるプロもいるのですけど)

私としては、まずは定型的なとり方や考え方を真似して行こうと思うわけですな。

・・・でも、ちょっとは楽しむショットもね。

 

さて、動画を見ているうちに寝落ちしてしまって、携帯が顔の上に落ちてきて悶絶した事があります。あれは痛いです。鼻の上に落ちてきますからね。

f:id:supragogo:20170706063752j:plain

それで、これ。

スマホ用のリングをくっつけてみました。リングに指を通しておけば携帯も落ちてこないだろう。

良かったです・・・・しばらくは。

それが数か月経った後に、また顔の上に落ちてきたわけですよ。

何が起きたのか一瞬理解できなかったのですが(何しろ寝落ちしてますのでね)、

接着が剥がれてしまって携帯が再び顔面に落ちてきたのでした(リングは手に残っている)。

幸い、このリングの接着は水洗いすると粘着力が戻ります。

しっかり携帯カバーの油脂をふき取って、また接着します。

しかし、その後はウトウトしていても、携帯が手から落ちそうになるとビクッってなって起きるように。

痛みは人間の記憶や反射をしっかり擦り付けるのだというお話。

f:id:supragogo:20170706111152j:plain

パブロフさん。

ビリヤードと目 2

f:id:supragogo:20170629152710j:plain

 

前回に引き続き、西尾proの自作SightRight 関係のお話。

自作|TASUKUブログ

自作SightRightをsetして構えます。

SightRightの上段と下段に引いてある線が、一直線に見える場所が正しい頭の位置だと。その説明には上図のような状態の写真が挙げられています。

しかし、カメラは単眼であるためにこのような写真になりますが、人間が二つの目を持ってSightRightに構えた場合はこのようには見えません。

 

f:id:supragogo:20170629114829j:plain

実際にはSightRight越しに先玉に向かって構えると、このように見えます。

上段の線がダブって見えるんですよね。(図は極端に示しています)

 

1.手前の線を顎の真下に置いて頭の位置を調整。

上図の下の二本の線は、左側が私の利き目である右目が捉えている線。右側が左目で捉えている線と思われる。

今まで、二本の線の真ん中で合わせてきたんだが(顎の下にキューがあり、左右対称なのだから)・・・よくよく考えてみたらこれではいけないことに気がついた。

これだと

どちらの目でも狙いがずれている事にはならないか?

 f:id:supragogo:20170629123430j:plain

”キューを顎の下に置き、右目で狙う場合”は上図のように狙わなければいけないのでは?でもこれ、やりにくい。

 

2.”キューを利き目である右目の下に置き、右目で狙う場合”には

こんな感じに見えます。

f:id:supragogo:20170629130548j:plain

 

すなわち右目で捉えた線とSightRightの下段の線とぴったり一致している。この場合は(左目は開いてはいるけれども)右目だけでライフルで狙った時とまったく同じ状況だ。この場合の左目は、立体感とか距離を感じるために見てはいるけれども、”狙い”には関与していない。

 

近くの眼科の先生に、この悩みについて聞いてみたところ・・・

両目で正確に狙うのは無理。どうしても感覚的な狙いになるだろう。

物を”正確に”狙いたいなら、

 

 

 

片目で狙え。

・・・なんだよ。

振り出しに戻っちまったじゃないか。

 

というわけで、今日から私はキューを右目の下に置くことにいたしました!

f:id:supragogo:20170705091106j:plain

 niels feijenも

f:id:supragogo:20170705092222j:plain

albin ouschanも、利き目の下に置いてるもんね。

albin ouschanは利き目が左なんだねー。

 

実力的にも地理的にも遥か遠い存在だけれど、こうやって見てみると

何か同じことを考えてこうやっているんだなーって、ちょっと親近感が・・・。

迷惑ですか??

 

追記)

人によって利き目が違います。また利き目が同じでも、左右の目の配分が人によって違うようですので、微妙に見え方が違うらしいです(そこに視力が関係してくる)。

数年を無駄にしたような気がしてがっくりですが、問題点が判明してなんだかすっきりしています。それにしても人間の脳ってのはすごいですね。今までの狙い方で入るはずのない玉を、無意識にある程度修正して入るようにしてくれていたんですから・・。

追記2)

こんなことばかり考えていると、自分の見えているものは本当は存在していないんじゃないかとか、自分の中の常識さえ疑わしくなってきます・・・。

追記3)

そんなこんなで右目下にキューを置いて練習する事数回。そこそこの手ごたえがありまして、今のところは満足。今回の事で、頭とキューの位置関係をしっかり固定しないと、狙いそのものが狂うことを実感しました。キューがどこにあろうが、いつも同じ位置に固定されていれば経験を積んでいけば補正はできます。しかし、毎回微妙に違うとなると、補正のしようがありません。右目の下にキューを置いてもちょっとおかしいと思った時は左目をつむってみればすぐに確認できるというのも、利き目の下にキューを置く利点かな。また、キューの位置を変えたことで憧点の見え方が少し変わったため、微調整が必要です。

 

ビリヤードと目 1

 

 

例えば、射的で景品を狙う時には皆さんどうしますか?

そう、片目でライフルの標準に的を合わせてゆっくり引き金を・・・。

だいたいの方は「これ本当に真っ直ぐか?」なんて確かめる時も片目で見ていますよね。(もしかしたら違う方もいらっしゃるかも)

 

私は大学生の時に先輩に連れられて初めてビリヤードをしました。

そこで、先玉のここに手玉を当てるとポケットに入るんだよ、と教わりました。

何も予備知識がなかった私は、片目をつむって、利き目(私の場合は右目)で狙いました。そして、左目を開いて両目でshot。

(上級者にまともに教わったこともなく)それ以降、学生時代はその撞き方でやっておりました。近~中距離でそれほど厳密に狙う必要のない場合は両目のままで。

遠距離もしくは正確に狙う必要がある際は、上記方法でやっておりましたが、そこそこ結果は良かったため、それで固定されてしまった。

 

大学を卒業し、20年弱ブランクを経てビリヤードを再開したが、問題が。

1.どう見てもカッコ悪い。

 正確に狙えるのは良いが、いちいち片目で狙うのが傍から見ると完全にシロウト。

 プロ・アマ問わず、そんなことしている人は見たことがない。

2.完全に平面的な厚みだけで狙っている。

 両目で見たときの立体感がなく、イメージボールも平面的。

3.距離感に弱い

 手玉を撞く際には両目の状態なので、全くと言うわけではないが、狙っているときの 距離感はあまりない。

 

そんなこんなで、これを徹底的に直すことに。

元々利き目(右)の下にあったキュー位置を真ん中に直し、

その上で、両目で狙いをつける。

今まで短~中距離でやっていたことを距離を伸ばして行ったところ、

だいたいは対応できるように。

その後数年経過したが、また別の悩みが。

 

皆さんは、先玉に向かって構えたときにキューはどのように見えていますか?

神経を先玉に集中させた状態で、キューはぼやけて二重に見えていますよね?(頭の高さによっては二重に見えない人もいるようです)

顎の下にキューがあるから理屈上は左右対称のはず。

なので、二重に見えるキューの真ん中をエイミングラインに合わせればよいはず・・・と思っていたら

基本的な間違いに気がつきました。・・・次回で後述

 

どうやら、私は今まで、理屈よりも感覚で狙っていたことが判明しました。

感覚・・・このなんともあやふやな物。

気分で違う、体調で違う、酔い方でも違う・・・あらゆる場面で感覚と言うのは変化します。感覚が狂うと、センターショット10球連続でも外します。

(みーんな同じ方へ、同じだけずれます。ってことは、いつもいつも同じようにこじっているか、そもそも狙いが間違っているか、両方か、です)

もう一人で・・・発狂します

このような時にそれを小手先で修正しようとすると、ストロークがぶっ壊れます。

今の私のフォームでは、キューは顎の真下を通りますが、その状態での狙い方が間違っていたらしい。

おまけにキューの位置が少しずれることもあるようだ

 

手玉に向かって構え、キューを顎下に固定した後、頭だけ左右に平行移動してみます。

そうすると、なんと!ちょっと動かしただけで自分が狙っている場所からずれて見えるんですよね。

そのずれに気がつかないと、ちゃんと狙っていると思い込んでいるだけで、実際は何回やっても同じだけずれているということが起こります。

 

・・・おいおい。考えてみたら、何回同じ間違いを繰り返しているんだ?

f:id:supragogo:20170625141750j:plain

西尾proの自作SightRight

自作|TASUKUブログ

以前に、この記事を読んで自分でも作ったのに!

すぐそこにこれがあるのに腕組みして頭をかしげている私・・・ああ。

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タップ交換

皆さん、タップ交換どうしています?

自分でやる?それともショップやホームで頼んでいますか?

想像するに、頼んで交換されている方がほとんどだろうなあと思っています。

 

私の住んでいるところは猿やクマが出るくらい(本当に)の田舎ですので、

近くにタップ交換を頼める店などありませぬ。

そもそも撞けるところがないくらいですのでね・・。

自分で交換しないとなると、その度に郵送し、数日待たねばなりません。

その間は違うシャフトで・・・。

そんなまどろっこしいことはやってられん。

 

以前より、タップ交換の方法は知ってはおりました。

しかし、シャフトを台無しにする(そこまで行かなくても、本当に修理が必要になるかも)可能性を考えて躊躇しておりました。

 

 

それで調べてみた結果、いろいろと細かい道具はいるようだができそうだ、という事が判明。

それでやりましたよ・・・・。

 

 

先角、削りましたが何か?

 

そうか・・そういう事か。

このまま行くと先角削れるけど、どうすんのさって、何となく感じてはいたんです。

人間、失敗して学んでいくんですね。

 

上記が初めてのタップ交換。昨年でした。

その次の交換は先週でした。

うーん。経験を生かしてうまくいきましたとも。

美しかったっす・・・。でも・・・

 

撞いてみたら、ぜんぜん好みのタップじゃなかった件。

 

こういうのが一人でやってて辛い所。

「このタップ良いよ~」「どれどれ撞かせて」「ほんとだ いいねえ」とか

「駄目じゃーん」ってのがないんだもん。

何から何まで全て自分で経験していくしかないんです。

 

それで今日、三回目の交換。

うーん。なんだかコツをつかんできました。

先角も削りません。しかも複雑な道具に頼らず、タップの側方はナイフの刃を先角に当ててクリクリと林檎の皮むきの様に削っていく方法を会得いたしました。

前回やってみたところがうまくいかず、結局鉛筆削りみたいなやつを使って先角削り。

これなら先角は絶対削りません!うれひい!

しかも今度のタップはドンピシャ私好みでした。

(何のタップか書いとかないと、すぐに忘れる。 メモメモ・・・)

f:id:supragogo:20170625120054j:plain

こうやって見ると少し横が丸いか(笑)

 

私は固いタップが好きです。

ただ、”固い”だけじゃ何とも分かりません。

着けて撞いてみたらカチンカチンで、

引こうとしたら手玉が空を飛ぶなんて事も・・・。

それで、これです。

DUROメータ タップ硬度分布 | ビリヤード用品の専門店【ニューアート Billiards】

客観的にそれぞれのタップの硬度・比較ができるんですねー。

 

と言うわけで、私でも出来るくらいなので、以外とタップ交換て慣れれば簡単なのかも。

当初、自作の旋盤機を作れば(サイトで見つけた)もっと綺麗に出来るだろうが、

時々やる程度なので過剰投資はやめといた。

皆さんもぜひ挑戦してみてくださいな。

 

 

追記)ところで、ア〇ンア〇〇○ーって・・すぐに・・なるよね。

   地味に腹立つんだよね。

 

 

ビリヤード蔵を作るのだ 4 中間まとめ

自宅の設計がようやく決まり、着工となった。

土台をつくりコンクリートで固めて柱が建っていく。

私の仕事は全く分野が違うが、子供のころから元々物作りが好きな私は

毎日のように自宅が出来上がっていくのを見に行った。

(ついでに隣のビリヤード蔵に入り浸ることも忘れなかった)

大工さんたちはさぞやりにくかったに違いない。

なんだかんだで5-6か月で自宅が完成してしまった!

そして、引っ越し~!

・・・・これで、ビリヤード蔵にわざわざ通わなくてもいいんだ!

今日から、玄関を出たらぴょんぴょんぴょんで到着。

ひゃっは~!!

 

で、私の理想のビリヤード蔵 妄想。

1.当然ながら、自分がやろうとしたときに何の障害もなく玉を撞ける環境である事。

2.音楽や映像が同時に楽しめる事。

3.barがある事。自分のための空間をつくる事。

 

1.自分がやろうとしたときに何の障害もなく玉を撞ける環境である事。

に関しては通常、いろいろと問題が山積だ。

まずは台が置ける丈夫な床と広さ。台を置くだけでなく玉を撞くためにはその周囲にキューをさばける広さ(通常の7フィート台でおよそ5x6m)が必要である。

そして防音対策。自分はうるさくても我慢はできるが、他人はそうはいかない。

それが家族でなくお隣さんであったりすれば、引っ越ししたばかりで近所付き合いの

障害になりかねない・・・。

 

そして、室内の環境(温度・湿度・空調)など。

これらは、自宅にビリヤード室を作るのではなく、自宅とは別棟の蔵にビリヤード室を作る事でほぼすべて解決した。その蔵に隣接するのは今回建てた自宅だけだからである。裏は川、側方は自宅と道路、表は蔵の別室となっているのだ。極端な話、中でカラオケで絶叫しようがあまり迷惑をかけない。ただし、これを繰り返すと飲み屋と間違えられそう。

 

蔵の壁は厚い土壁である(40-50cm程かな)。そのため、外の環境に比べて温度の変化が少ない。夏は涼しく、冬は暖かい。しかし、あくまで”外気に比べて”という意味であり、やはり夏はそれなりに暑いし冬も寒いのでエアコンは設置した。

蔵は風通しが悪そうという印象があるが、この部屋の一面の壁は観音開きの扉になっている(入口は別)。その反対側にも明り取りのための大きな窓があるため大丈夫そう。

反対にあまり扉を開けすぎると(玉を撞くのは夜間なので)虫が入る。

網戸は必須。

私はスモーカーである。やはり換気はしたいが冷暖房された空気をあまり入れ替えたくない。それで熱交換式のファンを導入した。ん~~これは24時間稼働しているけれども、どれだけ効果があるかは疑問でした。でかいやつ入れればいいかもね。

f:id:supragogo:20170624211108j:plain

(壁に取り付けたキューラックとキュー達)

 

2.音楽や映像が同時に楽しめる事。に関してはテレビとインターネット回線とパソコンは必須だった。HDMIで接続。

また、パソコンやネット上の音楽をそこそこの良い音で聴くためのアンプと壁掛けスピーカー。これで音楽は聞き放題。以前も記載したが、自分の玉撞きを記録できるようにwifiカメラを設置した。これでモニターで玉の配置を俯瞰図で確認しながら撞けるようになった。

f:id:supragogo:20170624194934j:plain

(入口・・網戸状態と、いずれbarになる予定のカウンター)

 

f:id:supragogo:20170624212211j:plain

(ゴチャゴチャ置いてあるのは、タップ交換の道具やクリーナーなどなど)

 

3.barがある事。自分のための空間をつくる事。に関してはまだまだ。

やはり飲んでしまうと玉撞きがいい加減になってしまう。眼もいかん。

自分の隠れ家的な空間を作るのはこれから長い間にできていくのかな。

少しずつ気に入ったものを揃えてはいるのだけれどね。

ダーツ機を入れろと言われたが、私は興味ないので却下。

f:id:supragogo:20170624194227j:plain

(こんなん作るとしたら、もう一つ蔵の壁をぶち抜いて補強せねばならん。)

f:id:supragogo:20170624195148j:plain

(ネオンはちょっと気分でつけてみた。)

f:id:supragogo:20170624195337j:plain

 いまのところはビリヤードがちゃんとできる事が優先なので、HDMIやスピーカーケーブルがむき出しだけれど、まあそのうちね。

 

現在のビリヤード蔵はこんな状況になりました。

また進展したらご報告いたします。