ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

トルネード

皆さんこんにちは。

 

ビリヤードってかなーり性格が出ると思いませんか。

せっかちな人、慎重な人、細かな人、大雑把な人、大胆な人・・・

それぞれビリヤードにとって利点と欠点がありそうです。

でも、ビリヤードでも何でも、”~すぎ”ると言うのはあまりよろしくない。

私はどちらかというと大雑把ですww

 

私は調子が良い時は、サクサクとかなり早めのペースです。

誰でもそうだとは思いますが、難しい配置の時は慎重で遅くなります。

慎重ならちゃんと確認しながら撞いていけばよいのに、大雑把なので難しいと思うところにそのまま突入してしまう事が多々。

そこは難所と認識しているのに、前のショットを「こんなもんかな」と撞いてしまって、さて難所攻略と思ったらそもそも通っていないなんて事があるんですよ。

もちろん撞く前に考えてはいるのですよ。ここに出す、と。

しかし、そもそもその”ここ”が間違っている。

と言うか、しっかり回り込んで次のショットを撞ける位置なのかを確認するべきなのに

(恐らく面倒なため)こんなもんかなで撞いてしまってはまるという。

傍から見ていれば、まるで

 

 

”飛んで火にいる夏の虫”

行ってはいけない所へわざわざ飛び込んでしまうという・・・ああ。

 

 話は変わりますが、遅撞きに関して。

当たり前ながら、人によって難しいと感じるところが違うんですよね。

なので、私は相手があるショットに時間をかけていてもほとんど気になりません。

こちらから見ていて、「それはこう撞けば良いだけなのに」と思っていても、その人は違う事を考えているかもしれない。

自分が「定番のショットと出し」と思っていても、相手にとっては定番ではなく、苦手としているかもしれない。

どんな配置で時間を取って考えてくれても気にはなりませんが、メリハリをつけてくれないとゲンナリします。

全てのショットが遅いとなると・・・ね。そりゃただの遅撞きだw。

もうちょっと何とかせいや・・・って感じですわな。

 

Tony 'Tornado' Drago

https://www.youtube.com/watch?v=gQJOukHGwps

 

この人を最初に見たときは衝撃でした。

早い早い!!いったいいつ配置を見ているんだ?って。

まさにトルネード。周りを蹴散らす勢いです。

驚異的なシュート力(元はスヌーカープレイヤーですね)とポジション力、

それにセーフティーなんて神業です。

 

ゲーム中はふんぞり返って「どうだ!」って感じですけど、

この人笑うとまたかわいいんですよ。愛嬌があって。

 

この人を見ていて、早く撞くためには

「ショットしたら、手玉が止まる前にとっとと次の場所に動く。」ってのがポイントだなーと思いました。

もちろん、決断やエイミングなどが早い事は確かですが、手玉が止まる場所まで先回りして止まるのを待ってますもん。

なので手玉に構える頃にはショットクロックが3秒とかwww

手玉が止まった時にはすでに次のショットのエイミングが済んでいるかもしれん。

 

 

手玉が止まるまで悠長に眺めていたら確かに時間の無駄ですわな。

睨みつけても台上の玉には影響を及ぼさんし。

 

私がこれをまねすると、ヘッドアップしてしまいそうですが

ちゃんと撞いてから無駄に見守らないですぐ動く。

やってみよう。