ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

妄想

皆さんこんにちは。

 

皆さんのご家族は玉撞きますか?

中にはビリヤードをきっかけで知り合って結婚なんて人もいるでしょうね。

結婚後子供が出来て、ある程度大きくなったら家族でビリヤードなんて楽しそうですよねーー。

 

私、それを夢見ているんです。

ところが、妻は現在ビリヤードには興味なさそうです。

結婚前に何回か連れて行った事はあるのですが、特に面白いともつまらないとも・・。

 

子供が生まれ、一男一女です。

下の子(女の子)はまだ背が小さくて踏み台に乗らないとビリヤード台に届かないので、下手するとビリヤード台の上に乗って玉ころがしをしています。

時々、玉を抱えては足の上に落としてヒ~と泣いています。

 

上の子は下の子と同じ年のころ、踏み台に乗りながら何回か玉を撞いています。

小さい頃は、キューが重くてダメだったので私のジャンプキュー(天狗)で

カッチン・コッチンと撞いておりましたよww  ちょんまげしまくり。

 

今は踏み台を使わなくても届くようになったのでキッズキューを買いました。

(キッズキュー意外とちゃんとしてるのね。プリントでしょうけど。)

時々、ビリヤード蔵に来てはちょっと撞いたりしています。

まあ、少年特有の飽きっぽさを発揮しておりまして、まあやっても30分位が限界か?

その後は私の撞いているのを横目で見ながらDSしてますww

 

せっかく、ビリヤード蔵がある環境なので、趣味の一つにしてほしいところではありますが、それこそ自分で選ぶ事。

やりたければやればよいし、興味がなければやらなくても良い。

子供の興味が湧いて、「教えて」と言い出すまで私は何も言わない方針です。

 

そこで私がしなければいけない事・・・・。

「教えて」と言われた時、しっかりした事を教えられるように。

何のスポーツでもそうですが、基礎・基本が大事。

変な癖をつけない様に教えてあげないとと思っております。

そのためにはまず、手本を見せてあげなくてはいけません。

 

私が・・・手本??

 

 

うっひょー  マジですか。

まあ、人のお子様に教えるわけではないのでその点は良いですが、

私が教えた我が子達が、いずれ外のビリヤード場に出て行って撞いているのを想像するとなーんか変な感じ。

 

ホントウハワタシナンカヨリ、チャントシタプロニオシエテイタダキタイ・・。

 

え~、勝手な妄想でした。