ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

女児プレイヤー

皆さんこんにちは。

 

唐突ですが、皆さんはイヌ派?ネコ派?

いや・・どちらが好きかって話ですけどね?w

私はどちらも好きではありますが、猫の方がより好きです。

なぜかって、基本的に静かだから。

 

ここのところのドタバタ関連で、しばらく我が家にラブラドールレトリバー

預かることになったんです。

元々、将来的にそうなるかもしれないと犬小屋は作ってあったのですが、

だいぶ予想より早く入居して頂く事に。

 

その犬がですわ・・うるさい。

でかい犬なので声もでかい。

ワウワウWOWW~

 

まあ、気持ちはわかりますよ。

牧場みたいなところからいきなり連れてこられて、初めての部屋に入れられて・・

散歩は朝・夕連れて行ってもらえるけれど・・・元の飼い主が恋しいわね。

でもさ、ここは田舎でも周りに人さまのお家があるのさ。

頼むから、でかい声で吠えなんでくれ。

もうちょっとしつけておいてくれよ・・。

 

話は変わりまして、先日久しぶりに撞きましたよ。

調子のほどはまあ・・・まあ・・でした。

午後一杯撞こうかと思っていた所へ、5歳になったばかりの娘が乱入してきて

「やらせてー」ときたもんだ。

 

娘が台に向かうと、レール上に顎が出るくらい。

直立しても、視野的には大人が低い構えで狙っているような状態です。

キューを持たせても、台の高さの関係で完全なサイドスローになってしまいます。

踏み台はあるのですけど、いちいち動かすのが面倒くさくてかなわん。

ブリッジも小さな手でクローズドブリッジを組むのが難しいので,

当初オープンを教えてやっていたのですが、子供の手って湿っているのね。

ちっとも滑らん。

そこで、メカニカルブリッジを短くして持たせ、私の天狗(ジャンプキュー)

で撞かせておりました。

 

ほぼ真っ直ぐですけど、カチン、コチン・・・カシャッ!

どんなものなんでしょうかねえ。

こうやって見ていると、ビリヤードとは全く別の遊びに見えなくもないですけど・・・。

(見ようによってはやり投げに見えてきたぞ・・)

「楽しい~www」と言ってやっているから、まあいいのかな。

 

こんなんでも遊んでいるうちに少しずつ玉に慣れていくのかなー。

もうちょっと大きくなったらちゃんとフォームを教えてやるからな。

中学生くらいになったらパパと勝負しよう。

その前にお兄ちゃんを負かさにゃいかん。

 

そんなこんなで久しぶりの玉撞き時間は過ぎていくのでした。

パパの練習はどうなったんだっけ・・・・?

(あー写真撮っておけば良かった・・)