ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

キュー出し

皆さんこんにちは。

ミサイル来てませんよね?

 

私がこのブログを始めるずーっと前から、ブログの先輩方の投稿をかなり読ませて頂いております。

その中での話題で”キュー出し”について。

 

切れを出すには

1.キューを長く出すのが良い

2.キュー切れに長いキュー出しは必要ない

両方の意見がありますな。

 

私の意見は、結論から書きますと「程度問題」という事に落ち着きました。

ただし、今の私はもう少し出した方が良さそうだと。

 

まあ、キュー切れを必要としない玉、コッツンと撞くだの、弱く撞いて流すなどの時は無駄なキュー出しはいらないわね。

ある程度の距離の先玉から引きたい、maxと言わないまでもちょっと多めにひねりたい、あまり割らせずにクイッと押したい。

そんな場面を考えていると思ってください。

私は今まで、どちらかと言うと「キュー切れに長いキュー出しは必要ない」と言う考えで撞いてきました。なぜそう考えるようになったのかは不明。受け売りかも。

 

人間って(一括りにしてはいけませんな。もしかしたら私だけ?w)

やはり撞き方になじんでしまうのですよ。

擬音語でどう表現したらいいか難しいのですが、

”パツン” ”パチン” と言うようなタップと手玉の接触時間がいかにも短そうな撞き方でやっていると、自分の中でそれがルーチンになってしまう。

何が何でもみーんなパツン。

状況に応じて撞き方を変えればよいのに、なかなかそうはいかずに、

撞こうと思うと体がそのように動いてしまう。

キューをちょっと長く出そうとするとすごい違和感を感じるようになってしまったのですよ。

 

私はマッセはできませんが(やろうともしない)、あれは究極のキュー切れの状態ですよね?もしくは手玉と先玉が極端に近い状態で、キューをある程度立てて引くような場合も同様です。

それを考えると、短いキュー出しがキュー切れに良いような気もします。

しかし、ちょーっと待てよ?

上記の(言ってみれば特殊な状態)手玉を撞く瞬間ていうのは、キューをかなり立てているために、手玉がタップとラシャに一瞬挟まれていますよねえ。

普通の(先玉と手玉が離れている)状態で撞く時には、手玉がラシャに押し付けられることはほぼない(あったとしても軽微)ですよね。

 

押しを効かせるためには、キュー先を少し下方向へ出して(もちろん撞点は上)、手玉をラシャに押し付ける様に撞くと良いと言われることがあります。

この様に考えてみると、ラシャとタップで挟み込まれると、よりタップが手玉に押し付けられて摩擦up→切れup って事でしょうかね。

(後日追記 ちょうどビー玉やピンポン玉を指で台に押しつけながらはじくとギューンってすごい回転がかかるのと同じ理屈かな)

 

マッセや立てキュー時のキュー出しの短さは、ラシャをぶっ叩かないための物ではありますが、そもそも通常の撞き方と状況が違うため、それをもって短いキュー出しの方がキューが切れるとは言えなさそうです。

 

先日、なにしろやってみようと、少しキューを長めに出す練習をしてみました。

長めにと言うのはあくまで私にとっての感覚的なもので、実際の距離としてはせいぜい3-5cm位プラスと言う程度です。

それでも、今までと手玉の動きが違う。

明らかにこちらの方が切れているんですよね。

まあ、立てキューの時の様にラシャと挟まれはしないけれど、

タップが手玉に接触している時間をわずかでも長くできれば、キューのエネルギーが先玉に伝わりやすくなるって事かな。

そのためには弾く様な撞き方ではなく、キュー出しを少し長くしてわずかでも手玉を押し込んであげることが必要って事でしょうか。

 

これはあくまで程度の問題だと思われます。

長ければ長いほど良いってことはないでしょうし、タップから手玉が離れた後、いくらキュー先が手玉を追ったところで無意味。

しかし、後を追うようなフォロースルーが出るように撞く事で接触時間が長くなる可能性はありそうですね。

 

もう一つの疑問。

キュースピードが最速の時にインパクトしたら良いのか

インパクトしてから”加速するように”キュースピードが上がった方が良いのか

インパクトした瞬間にキューの速度は急激に落ちるはずなので、そもそもそんなことができるのか?ただの意識の問題?)

 

一番良いのは、キューが切れる人に聞いてみるのが手っ取り早いんだけど・・・。

ただし、他のスポーツでもそうですが、

”出来る”という事と”どうしたらできるかその理論を理解している”は別なんだよなあ。

天才に色々聞いても擬音語ばかりでよくわからん(長嶋さんゴメンナサイ)事が多々ある。

 

追記)

なぜ今回こんなことを考えたかって言うとですね・・

先日の”kids player"内の5歳の娘の動画をみていて思ったんですよ。

記事にも書いてあるんですが、グイーッとキューが出ていますでしょ?

さすがにキュースピードがないので切れは関係ないですけどね。

うん?と思いましてね。

ビリヤードっておもしろいなあ。初心者からでも学ぶきっかけがあるんだもんねww

 

通常のショットでのキュー出しのお話でしたが、実はブレイクでのキュー出しも

ちょっと長くしてみたんです。

イメージとしては”ぶっ叩き”→”手玉を串刺し”って言う貫く感じかな。

大分印象が変わりましたよ。

そのお話は後日。