ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

キュー出し その後

 皆さんおはようございます。

 

時々アクセス解析を見てみますと、早朝の4時頃から見に来て頂いている方もいるのですね。

仕事のために早起きなのか、はたまたその時間まで撞いてらしたのかw

後者だとしたらうらやましい限りです。

あー仕事で朝帰りってのもありですか・・・。オキノドク。

いずれにせよ、こんなしがないブログを見に来て頂いてありがとうございます。

 

 

さて、いつかキュー出しに関して書かせて頂きました。

私の元来のキュー出しがどうも短すぎたため、ちょっと(3-5cm位)長めに出すようにしてみたら良い感じ・・と。

今のところその”良い感じ”は続いておりまして、気持ちキュー出しを長くすることで手玉が安定する感じです。このまま続けて自分のストロークとして定着できたらな。

 

ところで、今までのストロークのままキュー出しを長く出そうとすると、肘が落ちていくんですよね。それは別に良いんですが、今までのストロークでショット後に伸びきったところでさらに押し込む事に無理があって、キュー先が暴れてしまうんですよね。

そこで、レストはそのままで、頭の位置を少し前に持ってくるようにしました。

イメージとしては今までのフォームから少しだけ”前のめり”にしたわけです。

そうすれば、ストローク全体を前方に移動できるかな。

元々、ちょっと腰を引くようなフォームではあったため、それでちょうど良いのかも。

(と言うより、腰を引くことでキューが前に出せなかった疑惑があるw)

 

まあ、ちょっとタイミング調整が必要ですが、ほぼほぼうまくいっています。

ただねえ、少し前のめりになるだけですごーく違和感を感じるのですよ。

当たり前って言えば当たり前なんですけど、今のところ意識してやらないと

そのフォームを作れません。そのうち慣れてくるのだとは思いますが。

 

そんなこんなで、最近は玉撞きがより楽しくて充実しています。

趣味はこうでなくてはw。