ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

苦笑

皆さんおはようございます。

毎日撞ける方は幸いなるかな・・・w

 

一般的にはどうかわかりませんが、初心者の頃ってやはり薄い玉は苦手な方が多いと思うんです。

最初、経験者にブリッジの組み方を教えてもらって、簡単にスタンスの取り方やキューの振り方を一通りこうやるんだよって教えてもらいます。

そんなことばかりやっているとつまらないので、「じゃあ取りあえずは撞いてみましょうか」って流れに。

それで、やはり最初はポケットに向かって一直線に先玉と手玉をsetして・・ってパターンが多いですよね。

いきなりそこで30度なり45度なりの角度のある配置は撞かせないと思うんです。

一直線の近い距離から初めて、入るようであれば少し距離を延ばしたり、じゃあちょっと難しくなりますよって、少し角度を付けてみたり。

そして角度のついている時の狙い方などに話が進んでいくパターンが多いのではないでしょうか。

 

そういう事から考えても、厚い玉の方が薄い玉より一般的には楽と思われているんじゃないでしょうかね。

ただ、一人ひとり好みと言うものがあって、練習を積んでいくうちに「俺は薄い玉の方がイメージが良いな」とか「薄い玉の方が次に出しやすくて楽」とか分れていくのでしょうね。

 

私はと言えば、まあ厚目の方が安心感はあります。

ただし、特定の角度に関してはどうもイメージがしにくくて苦手意識があります。

(これは、シュートラインをトンネルのイメージでするようにしてから克服できつつあります)

 

ところで、ゲームをするのに「厚めに出していく方が良いか」、「薄目に出していく方が良いか」なんて考えることがあります。

まあ結論としてはありきたりで、好きにすればって感じなのですがw。

 

厚めに出していく利点・欠点

・厚めが好きな人にとっては入れが楽。

・ただし、出しに関してはよりパワーが必要。極厚になってしまって横に出したい時など。まかり間違って、ド真っ直ぐになってしまった場合、出しで無理をする羽目になる。

・シュートライン方向の出しの微調整は楽だが、横方向の微調整が難しい。もともとパワーが必要なショットでの微調整はなかなか難しいですよね。

 

薄めに出していく利点・欠点

・薄めが好きな人にとっては・・・re

・出しに関しては、玉が良く動くためにパワーはいらない。しかし薄くなるにつれて、手玉が走りすぎて、コントロールが難しくなる。

・基本的に出しはクッションを使いながらになる。

 

他にもいろいろとあるのでしょうが、パッと思いつくものを列挙してみました。

書きながら思ったのは、自分の実力だと厚めに出そうとして薄めになり、薄目に行こうとして厚めになり・・・。もうちょっとライン出しの練習が必要です。

当たり前ですけど、結局はどちらも撞けなければいけないんですよねw

 

時々「何やってんだww」って自分自身を笑っている事がありましてね。

(いや、一人で撞いていて、本当に一人で声を出して笑っていることもあって、

 傍からみたら気持ち悪いだろうな)

例えば、9ballで9番が穴前と言わずも穴周辺。8番がちょっと嫌な配置。

8番を入れて、9番に出しに行く場面です。

何も考えずに、9番に無理に厚めに出そうとする事が多々。

挙句の果てに手玉が9番に張り付いてしまったりとか、そもそも8番を飛ばすとか。

もうね、アホ。

無理せず8番入れて手玉をその周辺に残すだけで、角度はあるけれども9番は楽勝のはずなのにねw。(これじゃダメなの?と言う言葉が耳元で聞こえてきそう)

何か9番には厚く出さないとダメと言う強迫観念でもあるのだろうか・・。

 

例えば、

・9番の入れを100%にするために、8番を入れ60%のショットをする。

・9番の入れは90%になるが、8番も80%。

だったとしたら、どちらを選ぶべきかって、60:72で後者ですわ。

 

良いショットがちょっと続くと、すぐに舐めて油断してしまう自分が情けない。