ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記 時々車の事も。

充実感が欲しい


www.youtube.com

多少引けちゃってますが、珍しく良いbreak。

①→③ 先球が近いので二度撞きしない様に・・・怪しい?気にしすぎて押せません。

③→⑤ cutして良く入れていますが、こうなるとイレイチです。まぐれで出ましたねえ。

⑤→⑥ 押し1クッション。よく入れました。

⑥→⑦ ⑦に寄ってしまうかと右入れましたがやりすぎ。押しだけで十分だったか。

⑦→⑧ 引き・・・厚くすしすぎ

⑧→⑨

これで良いんですが、厚いのでそこそこ撞かなければ出ません。左サイドへのスクラッチもあるので少し左入れたら・・・w。

⑨→⑩ 殺したい気持ちが厚めに狙わせているのでしょうか。全然違うw。
 気持ちは分からんでもいない。

 


www.youtube.com

この厚みのズレたbreakが私のルーチン。

①→② わずか左フリ。左下撞いて引いて1クッションで行きますがやりすぎ。美しくない。

②→③ バタ。あぶなっ。

③→⑤ 玉なりに横出し。

⑤→⑥ ⑧が邪魔。押しで2クッション・・・厚め厚めにしてしまいます。

⑥→⑦ 押し

⑦→⑧ 押し

⑧→⑨ 押し1クッション

⑨→⑩ 

こう行こうと思っているんですが、下手ですねえ。

こういう地味なshotの練習が必要です。

⑩ 何とか入れていますが、外してくれれば相手にとって美味しい以外ない。

 

追記)

無人である牧場の別宅は荒れてしまっています。数年前に水道管が凍って破裂してしまい、水道も止めたまま水道管の修理も出来ていません。

いずれリフォームする時にまとめて直すつもりですが、さすがに水道・バス・トイレ位はねえ・・・。

先週から散らかった別宅の中を掃除し、母の荷物などを片付けたり、不要な物を処分しようと掃除をしています。

かなりの量ですので、いちいちゴミに出すより燃やしてしまえと(広い牧場ですしね)、昔父がブロックを組んで作ったBBQ台で燃やし始めたんです。

 

天気の良い日でしてね。

衣服などもあって、火が付きにくいので少し灯油をかけて火を点け燃やし始めました。

ところがしばらく経つと、BBQ台の外側の枯草に火が燃え移ってしまいました。

「こりゃマズイ」と慌てて近くにあった(熱いので)長い板を持って来て叩き消したのですが、いっとき消えはするものの板であおられてまた火がついてしまう。

 

地元の田舎では今頃になると”野焼き”をします。

畑や田んぼや道路脇などの草に火をつけて焼くんですね。

その際は消防にも連絡して、近くに消防車が待機したりして目を離しません。

 

一応、私有地での”焚き火”も消防への連絡と許可が必要だそうで、下手に煙が上がっているとやはり周りからは心配されてしまうわけです。

慌てて準備していた水で火を消したのですが、これがもし周囲の山へ広がってしまったら大ごとです。おまけに別宅の水道は止めたままで、ホースがつかえない状態での焚き火は軽率でした。

お隣さんに水を頂いてしっかり消し止めておきましたが、天気が良い日の焚き火は注意が必要なんだと思い知らされた出来事でした。

 

これじゃあ・・・BBQも気を付けないとまずいぞ・・・・。

 

今年もまた原木を5立米頼みました。

そろそろまた薪作りと草刈りが始まります。

大変ではありますが、こう言う仕事をしていると無心になれると言いますか、なーんにも考えずに体を動かすと言うのが良い。

昨年は熱中症で倒れそうになりましたが、気をつけながらやろうと思います。

やった分だけ成果が目に見えて現れると言うのは、単純作業の良いところです。精神的にも充実しますし。

(本来の)仕事ではなかなかそうは行きませんのでねー。困ったもんだ。

違う生き方は


www.youtube.com

9ballでも10ballでも、breakの際の手玉は基本的にセンターに残すつもりで撞くのですが、撞点が上ずって押してしまう事だけは避けたがる。その意識のせいか撞点が下がり気味になってしまって手玉引きまくり・・・。

 

①→③ ちょい右撞いて1クッション。弱い・・・と言うより、③をサイドではなくて左下コーナーに取るべく③の上に出すべきでしたか。

③→④ 

こうかなあ・・と考えもしましたが、なんだか⑦に当ててしまいそうで左下撞いて1クッション。切れてませんし弱い。これで④のサイドはなくなりました。

④⑤ コンビ行くしか無し。手玉は手前に残して・・・よしよし。

④→⑦ 遠いのでエクステンション着けていますが、エクステンション着けるとただでさえいいかげんな撞点がますますズレてしまいます。

もう少し引きたいところですが、我慢しています。

⑦→⑧ 引き・・・足りん

⑧→⑨ 

こんなイメージもありますが、あくまでイメージでどこ行くか分からんw。

カッコ悪いですが、我慢。

⑨ ちびりながら入れました。

 

次 break お、良いかも。

②→③ ちょっと厚めで、少し右入れて1クッション

③→④ 押し1クッション

④→⑥ これも押し1クッション

⑥→⑦ 引き。あーあやっちまいました。引き過ぎを警戒したら引けず。そんなんなら

⑦の下に出しておけ。最悪です。

⑦→⑧ これはバンクに行ってもサイド⑧に当たってしまいます。普通ならセーフティー案件でしょうかね。でも一人撞きですので行って・・・無理。

あとは流し。

 

連マスチャンスをミスミスぶち壊した件。

 


www.youtube.com

breakの厚みがブレまくってます。

③→⑤をどうしましょうか。

 

①→② 引き

②→③ 

赤丸に出して、③で引いて⑤に出す作戦。

③→⑤ さて、引いて⑨の上を考えていたんですが、微妙に薄い。ここに引いて出せるか?と言う気になってしまいました。それで、もう少し横に出して⑨に当ててしまえと。結果的にはうまく行きましたが、⑨への当たり方次第では危ない選択ですよね。

⑤→⑥ 押し1クッション

⑥→⑦ 1クッションですがこんな押すつもりなかったやつ。

⑦→⑧ 左下撞いて1クッション・・・入らん。

後片付けしてますが、そもそも⑦入ってりゃあ手玉そこじゃないしー。

難しい所を無事処置したらどうでもいい所でまたぶち壊したヤツ。

 

追記)

最近はめっきり撞く頻度も減ってしまいました。

ひと月に一度~ヘタすりゃ2か月に一度ペース。

 

ここの所どんどん暖かくなってきまして、牧場も春です。

それでいろいろとやらなければいけない事がありましてね。

先週、行った時にはぜんぜんワラビは出ていませんでした。ゴールデンウイーク中か、後かってとこですね。正月用にまた取って干しておかねば。

もう少ししたら草刈りや薪つくりも始まります。

 

さて、牧場の別宅ですが。

父が今の私の家の隣に拠点を移してから、猫のショウちゃんが頑張って留守番をしてくれていました。週末に行っては自動餌やり機の補充や水の補充などをして、思いっきり撫でてあげていました・・・が、ある時からショウちゃんはいなくなってしまいました。

どこか周りの家庭に入り込んでくれていたら良いのですが、もう15才くらいでしたので覚悟はしておりましたが・・・。

もう数か月になりますのでね。

父が引き上げる際に、ショウちゃんも連れて来る案はありましたが、猫にとって牧場は最高の環境です。好きな時に外に出られ、虫と戯れ、ネズミやモグラを追いかけ、古い干し草の上で日向ぼっこできる。

ただ、寂しかったねえ・・・ごめんね。

 

もう一匹。

牧場には犬がいたんです。ビリーと言うメスのラブラドールです。

さすがにビリーを牧場に置いておくわけにはいかず(ネコみたいには暮らせないため)、家に連れて来て飼っておりました。

そのビリーも2月に亡くなってしまいました。こちらも高齢でショウちゃんをほぼ変わりないくらいでしたから。

大きな犬ですので、妻と二人で軽トラに乗せて牧場まで運び、ユンボで穴を掘ってお墓を作ってきました。

 

生き物を飼うという事は、こういう事が必ずついて回ります。

こうやってペットたちが亡くなって行くのが続くとそこそここたえます。

母が亡くなり、ペットたちが亡くなり、順番的には高齢の父でしょうか。

その次は・・・。

自分も含めて生きているものは必ず死んでしまいます。

そして、そうやって亡くなった後も世界は続いて行くんですよね。

 

何千年も前からの課題でしょうけれど、生きる事とは何なのか。

贅沢が出来たら素晴らしい生き方なのか。

そんな事を考えていたら、自分が無駄にしまくって来た若いころの時間が本当にもったいなかったとも感じます。しかし、それを子供たちに伝えたくてもなかなかね。

私も若いころは、人生なんて永遠と感じていましたから。

 

今の(どう考えても)仕事中心の生活の他に何か違う生き方があるのではないかと考えるこの頃です。