ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記 時々車の事も。

supra復活

おかえりなさーい。

supraが復活して帰ってきましたよ。

 

自宅まで乗って運んできてくれた社長さんの話だと、「以前穴があいたパイプが今度

は抜けた」と言う事でした。

 以前穴があいたパイプと言うのは↓

supragogo.hatenablog.com

 

f:id:supragogo:20181115064544j:plain

これ(矢印)でございます。

このパイプ、前回は長年の振動にさらされて純正の物が穴があいて、ターボで加圧した空気が漏れてしまって走らなくなったのですね。

それで、社外品を使って金属のベルトでギッチギチに締めてあるのですが、やはり長年の間にオイルが着いたりして滑りやすくなり、今回は圧に負けてスッポ抜けたという事らしいです。

ここだけであれば修理は簡単ですが、タイミングベルトウォーターポンプなどの交換や、例のレッカー移動の際に割れてしまったフロントスポイラーの修理でかれこれ3週間かかってしまいましたね。

 

その間、代車の軽を貸してもらっていたのですが、あれはあれでいいですよね。

街中をチョチョッと乗ったり近距離の通勤には、取り回しも楽だし燃費も良いし。

 

ただ、久しぶりにsupraに乗りましたら・・・

やっぱりいいわ~ww

カッチリした乗り味と加速、インパネまわりの感じから音まで。

おかえりーって感じでした。

 

まあ、これから雪が降ったり、supraにとっては苦難の季節に入りますが、それは毎年の事だ。

 

上の写真を見ると、エンジンルーム内が大分汚れていますよね。

いっその事、高圧洗浄機でブッシュー!!って洗いたいことろなんですが、調べてみると色々な意見があり。

「電気系統に水がかかるのでショートしてしまったりトラブルの原因になるのでヤメロ」と言う意見や、「最近の車は全然大丈夫」というものも。

このsupraはどう考えても最近の車とは言えず、またエンジンルーム内に純正部品以外の電気部品も着いているし・・・やはりやめた方が良いような気が。

圧搾空気でホコリをすっ飛ばしながら、手で拭いていくのが無難ですよね。

皆さんどうしているのでしょうか。

 

 

 

 

根力

www.youtube.com

先日観たSVB vs Eklent Kaci。

序盤はKaciが、SVBの連続の不運(スクラッチばっかし)にも助けられて5-0まで先行します(9先)。

さすがのSVBもふてくされもし、途中では苦笑いです。

良くわかります、なんて言うつもりはございません。

でも、そういう事ってありますよね。

 

さてさて、それで終わらないのが一流選手の凄い所です。

じわりじわりと追い込んでいきます。

 

結局ヒルヒルになりますが、Kaciがブレイクの前にSBVとグータッチ。

きっと「ここまで来たらどっちが勝っても恨みっこなしね」って感じでしょうかね。

お互いを健闘し合う意味合いもありますでしょう。

 

なにやらさわやかな場面でございます。

結果はご自分で観てみて下さいな。

 

いつだかも投稿したのですが、SVBがカーボンシャフトを使っておりましてね。

てっきりrevoかと思っていたのですが、考えてみたらSVBはcuetecと契約していましたね。

そんなわけで、revoであるわけもなく。

cuetecの新しいカーボンシャフトなんですね。

 

各メーカーとも、流れはカーボンですかね。