ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

それぞれのオリンピック

皆さんおはようございます。

今日は朝っぱらから気分が悪いです。

夫婦喧嘩をしたからです。

 

息子は水泳教室(温水プールです)に週一回通っています。

友達とも一緒になり楽しんでいるようです。

さて、その息子は先週インフルエンザにかかり、今週の月曜日まで学校を休んでおりましたが、幸い順調に改善して一昨日(火曜日)から復帰しました。

そこで問題は、今日から水泳教室にも復帰して良いかどうか。

 

私の中では、ぜんぜん無理。

インフルエンザが人に移るとか、感染を問題にしているのではありません。

私の感覚が、「それはおかしい」と感じているのです。

熱は下がったとは言え、病み上がりです。

”大事を取る”と言う言葉を知らないのかね、妻は。

 

そもそも、今週末は妻は一人で実家に帰り、週末は私が子供たちの面倒を見ることになっています。

私は休みだからと言っても仕事があり、毎週末のルーチンのやらなければいけない事もいろいろとあります(その間は子供達だけで家で留守番だ)。

それは以前からの予定なので私も承知だ。

 

話は変わりまして、昨日の事。

通勤途中でセブン・イレブンに立ち寄りました。

そこそこ広い駐車場で、当然ながら店の前の場所から順次駐車されていきますよね。

私は店の前が一杯だったため、少し距離があるところに車を止めて、店の方へ歩いて向かいました。

店の入り口に近づいたその時、店前に止めていた軽トラがいきなりバックしてきました。真っ直ぐにバックするのではなく、ハンドルを切って私の方に向かって来ます。

「まさか」とは思っていましたが、私がいる事に全く気が付いておらず、

私が横に避けなければ完全に轢かれておりました。

私が直前までいた場所で、その軽トラはハンドルを切り替えて出て行きました。

私は怒ると言うよりはあっけに取られて、しばらく運転手をにらみつけておりましたが、そのじい様は「だれか知り合いかな?」みたいな表情で、会釈して去って行きましたよ。

あれは完全に店前の防犯カメラに写っているわ。

 

・・その後、タバコを買いに店内に入りました。

レジの前は、朝の通勤前の買い物客がズラッと並んでいます。

みんな、急ぎたいのは同じですが、ちゃんと並んで待っています。

さて、私の前に並んだおばちゃんも長い事順番を待っておりましたが、その間何をしていたかと言うと、ポケーッと立っていただけ。

あのね、カバンから財布くらい出して準備しとけや。

いざ、自分の番になって、「いくらいくらです」と言われてから、おもむろにバッグの中をゴソゴソ・・・ゴソゴソ・・・いったいそのバッグはブラックホールかよって位財布を探しています。

やっと見つけたと思うと、一円単位まで小銭で出しやがって・・・・。

店員さんも私と目を合わせて苦笑いですわ。わたしも眉を吊り上げてやったけどね。

 

 

さあ、この3つの出来事に共通する事。

 

「想像力の欠如」「自分が良ければ人は知らん」

 

病み上がりの子供が、この冬に水泳(くどいようですが温水)をして大丈夫だろうか。

また風邪をひかないだろうか。

また熱を出して寝込んだら、週末私一人で大変にならないだろうか。

 

バックする車の後ろに人はいないだろうか。

人を轢いてしまったら、その人や自分の人生台無しになりはしないだろうか。

家族が泣かないだろうか・・・。

 

レジで計算が済んだら、自分が必ずしなければいけない事はなんでしょうか?

自分が列の最後尾なのでしょうか。後ろの人はイライラしていませんでしたか??

 

以前も「頭の良さってなんだ??」と言うテーマで投稿したことがありましたが、

実生活で数秒後、数分後、数時間後、数日後が全く想像できていない人っているんですよね。

せめて、直後の事くらい想像してくれよと思いますけれど。

 

妻との喧嘩を含めて、短時間にこれだけの出来事がありますと、

だんだんね「おかしいのは自分の方なんじゃないか」

と思い始めるんですよ。

 

上記の例などは、私の中では悩んで決めるような事ではない。

条件反射的に、こうするべきと体が反応するレベル。

なので、いちいちその様に動く理由付けをしていない。

(でも、説明しろと言われればいくらでも出来る)

だって、子供の時からそうやって生きてきたから。

 

ところが、妻にしてみても結婚前は赤の他人。

全く違う家庭環境の中で育ち、子供のころから繰り返してきた私とは違うやり方と言うものがある。実は妻の家では寒中水泳などお茶の子さいさいなのかもしれん。

(うーむ。そういえば、やりそうなお義父さんではある。)

 

そうやって考えてみると、自分の中の常識なんて、

「ただの自分の生活習慣ではないの?」とも思える。

世間一般の中では全然違うのかもしれない。

(妻に「おかしいと思うなら職場に人たちに聞いてみろ。何が常識かわかるから。」と言ってしまった手前、職場の人たちが”病み上がり水泳問題なし”多数だったらどうしようかね)

 

もしかしたら、

「あのスケートの羽生選手は足首の負傷にもかかわらず金メダルを取ったのだから、病み上がりの子供だって水泳の練習に行かせるべき。そうでなくてはオリンピックに間に合わない。」なんて思っているのか?

え?もしかして一般的にもそういうものなの??

 

 

でも、そもそも・・・

 

 

 

 

うちの子供、オリンピックに出るのかよ。

そういう事は、良く話し合ってから決めようよ。

 

 

才能の活かし方

皆さんこんばんは。

 

平昌オリンピックの真っ最中ですね。

フィギュアスケートもやりましたねー。

 

羽生選手が足首の怪我から復帰して、金メダル!

宇野選手も銀メダル!

小平選手も金メダル~!!

 

こういうのを見ておりますと、

やはり天才という人達のすごさを感じます。

・・・そう軽々しく言ってしまうと怒られてしまいそうですがね。

 

世の中の天才と凡人って、クリアーカットに分かれているわけではなく、本当の天才ではないけれど

ただの凡人にしてみれば十分才能に溢れている様な人(天才と凡人の間にいる人)もたーくさんいるわけですよ。

何もスポーツに限った事ではありません。

 

私が思うに、世界で活躍している人の多くの方が天才と凡人の間の人ではなかろうかと。

「努力は才能を凌駕する」というのはある意味、正しいと思います(ウサギとカメですな)。

多くの「ちょっと才能がある人々」は凡人と自分を比べて鼻高々。

自分は才能があるんだと自惚れてしまい、ろくにその道に打ち込まないのがほとんどだと思います。

そのレベルだと、努力し続けた凡人に負けてしまう事も多いでしょうね。

 

しかーし。

オリンピックで、メダルを取るような人々。

 

「天才が努力したら刃が立たない」

 

いやー。これでしょ。

本当の天才が努力したらその世界では無敵です。

今回の羽生選手や宇野選手・小平選手。彼らは本当にすごいなあと。

何がすごいって、(単なる私の想像ですが)他の天才に負けたくないと言う意思です。

ちょっと凡人より出来るからって油断しない。

上には上がいる事をちゃんと分かっていて、手を抜いたら負ける自覚がある。

目標設定というか、自分の立ち位置をしっかり分かっているというか。

また、その努力を年単位で積み重ねて結果を出す。

そうやって自分を客観視できるといのも一つの才能ですよね。

 

すごいなあと。

 

ただ、あまりにも自分とかけ離れすぎていて、努力や成長の過程とか自分と重ねられないんですよね。

文字通り「雲の上の存在」です。

 

そういう才能に溢れた人達がいて、それを表現できる場があるというのは素晴らしい事だなと思います。

彼らの美しさや素晴らしさというのは、例えてみれば空を飛ぶ鳥に似ていませんか。

有り余る才能を存分に開放している姿を見て、私たちは感動する。

 

私、思うのですよ。

誰でも何かの才能を持っているんじゃないかって。

スポーツや学問とは限らない、本人も気がついていない才能。

一人一人みんなにそれぞれ違った天才級の才能が隠れているんじゃないかって。

ただ、多くの人はその才能に気が付かずに、埋もれたまま一生を終えているんじゃないかって。

 

話は逸れていきますが、

今はオリンピック真っ最中で、平和の祭典と言われてますでしょう?

政治のいさかいや、国家間の争いなど一度やめて純粋な戦い(競技)をしましょうよと。

素晴らしい理念ではありますが、オリンピックが終わったら何が残るのさ。

凡人はひと月も経ったらそんな出来事すぐに忘れてしまい、また日常の争いの中に戻ってしまう。

それどころかオリンピックの最中にも、何処かの国では教室で銃をぶっ放し何十人も亡くなっていく。

似たようなニュースを数ヶ月で何回も聞いた。

その度に同じことを思う。

その国ではそれでも銃規制はしないでしょうね。

莫大な金が絡んでいるから。

大統領でさえ、そういう世界の操り人形なのか?とさえ思う。

 

天才。天が人に与えた才能。

それは目立つものとは限らないよね。

その天に意思があったとしたら、何を目指しているのだろうね。

 

人間の素晴らしさと愚かさ、同時に想いを馳せるこの頃です。

本当に大事なこと、やらなければいけない事って何だ。

あなたや私の埋もれたままの才能は何のためにある?

 

追記)

少なくとも私の才能は、ビリヤードではないらしいw。

 

インフル撞き

皆さんこんにちは。

私は大分調子が戻って参りました。

解熱剤を飲まずとも熱は出ていないようです。

妻も子供達もボチボチで、数日中に復帰できそうです。

 

と言うわけで、真面目に玉撞きを致しましたー。

まあ、リハビリヤードなんですけれど。

3つほど気がついた事がありました。

多くのビリヤードプレイヤーにとっては、どれも特別なことではないと思いますが、

私に取ってはそこそこの発見(と言うより再確認か?)と思います。

 

1.引き玉の限界撞点がはっきりした。

 これはキューやシャフトやタップにもよると思うのですが、少なくとも現在の私のキューの条件では、手玉とラシャに同時に接する位でいける。

早い話が、これ以上下げられないわけです。

f:id:supragogo:20180218164100j:plain

今まで、撞点をここまで下げられたことはありませんでした。

動画などを見ながら、「出来るはず」と思って撞いてみるとミスキューしていた撞点ですが、キューのせいなのか撞き方のせいなのか分かりませんが、ここが撞ける様になりました。ただ今の所、力やスピードを加減しなければいけませんが。

極端な話、「ラシャの上をタップを滑らせれば限界撞点が撞ける」わけで、楽っちゃあ楽w。

 

2.いろんな撞点を試してみるべし

 何を今更と思うでしょう?例えば引き具合を撞点で調整している方は、とっくに分かっている事だと思います。しかし、ほぼ同じ下撞点でスピードや感覚で調整してしまう癖がある私です。

頭では分かっているつもりでも、なかなか実践出来ていなかったのですね。

なので普段あまり撞かない撞点も試しているのですが、

「あ~そう~。ここ撞いてこれだけ捻りが乗るんだ・・・。」と言うような発見と共に

手玉の安定感が分かりました。

こりゃ、撞点をもっともっと増やして行かなければね。

知らなきゃもったいないですわ。

 

3.インパクトの瞬間には先玉を見た方がキューが素直に出る?

撞く瞬間に、先玉を見るか、撞点を見るかという話はよくされるところであります。

どちらかというと私も先玉派ではあったのですが、意識して見ると言うほどではありませんでした。しかも、場合によっては撞点を見ている事もあります。

今日は、プラクティスストロークで撞点を決めたら、もう「撞点はブリッジに任す」

その後の意識は先玉へ持って行くようにしますと、キューが真っ直ぐ出るような気がするのですよ。

意識が手前(撞点)にあるより、遠く(先玉)にある方が、真っ直ぐに出そうではありますね。

 

なんて言うか・・・

体調万全で、「さーて、撞くぞ~!!」と意気込んで撞くのも良いのですけれど、

体調がグダグダな故に、「今日はリハビリ~」位の楽な接し方の方が発見が多いっておもしろいなあ。

 

まあ、他のこともそんな物だよね。

ガッつくと逃げられるだけー。

 

後日追記)

限界撞点が撞けるようになった理由に心当たりが・・。

新しいキューのシャフトが今までのシャフトより若干太い様な気がするんですよね。

確かにシャフト先の径が太ければ同時にラシャをこすりながらも撞けるわけですが・・・。

そうすると、実際に撞けている撞点は変わってないって事ですなww。

なんちゃって4WD

皆様、こんばんは。

絶賛インフル中です。

しかしやらなければいけないことは沢山ありまして、熱を押して動き回っておりまする。

 

 

さて、

我が家の家族車は〇〇〇ーハイブリッドです。

現行型ではなく一代前の物で、走行距離はもう10万kmを超えております。

まあガタつきもないし、家族車としては特に不満もなく乗っておりますが、

どうにもこうにも納得がいかない部分がありまして。

 

数年前にも同様の事がありましたが、本日再び。

 

今日は、身内の牧場に行きました。

そのあたりは標高も高く、近くにスキー場も複数ある地域です。

簡単に言えば、高原にある牧場ですね。

冬場はかなり雪も積もりますが、そのうえ風が強いので除雪しても除雪しても

横殴りの風に雪が飛ばされて、翌日には元通りなんて事はしょっちゅうです。

 

牧場の私道に入っていきますと、雪は約20cm程。

(時々除雪をしているためです。放置していれば70-80cm位かな)

〇〇〇ーは4WDなのでグングン入っていけます。

何の心配もありません・・・。

家の前の広場で帰る時のためにUターンします。

 

・・・・スタックしました。

「あーあ。でも、4駆だし大丈夫♡」

(いやいや。スタックしている時点でだめでしょ)

前後にギアを切り替えて車を揺すります。

反動を付けて出そうという魂胆ですが、この車はオートマです。

なかなかギアの切り替えに素早く反応してくれません。

全く動くそぶりも見せない〇〇〇ー。

窓を開けて見てみますと、後輪だけが弱々しく動いているだけで、前輪は全く駆動していません・・・。

なんだこりゃ。

〇〇〇ーハイブリッドってのは、通常は(エンジンもしくはモーターで)前輪駆動で動き、スリップを関知したとか急加速の時にモーターで後輪を駆動して補助してくれるシステムです。

 

えーと。今は・・・スリップしていないんですかね・・。

・・・その前に、前輪は何で動かないのでしょうか。

表示を見る限り、エンジンも動いておりません。

電気だけで駆動しているようですが、どんな状況と判断しているか分かりませんが

後輪だけ動いているようです。

 

「これで4駆と言って良い物かどうか・・・」

そんな感想でした。

 

「さて、デフロックは・・・と。」・・・ありません。

「うーんと。エンジンを強制的に動かす方法は・・・」・・・ありません。

ハイブリッド用のバッテリー容量がなくなればエンジンは動きますが、

それまでウイーン・ウイーンとやっていなければいけないのでしょうか。

 

気が短い私は、さっさと降りて、雪かきを始めました。

4つのタイヤの前後の雪をしっかりかいてから、再度挑戦しましたが全然ダメ。

こういう時には砂です。

・・・どこにあるんでしょうか。雪の下で凍ってますがな。

そんな物持ち運んでいる人がいます?

その次は・・・毛布をタイヤの下に突っ込む。

・・・もったいなくて出来ませんw。

(他に方法がなければやってもみますがね)

 

さて、私がした事は・・。(家の敷地内だから出来たことです)

まずは除雪機(雪をぶっ飛ばすやつ)で車の周りを除雪。

次はトラクターの登場です。

これはちょっと不安がありました。

寒いところにお住まいの方には分かって頂けるかと思いますが、農機というのは使わない冬期はバッテリーを外すか、マイナス端子を外しておかねばいけません。

そうしないと寒さでバッテリーが放電してあがってしまうのです。

そういうわけで端子は外してありましたが、バッテリーが生きているかどうか。

 

もう一つ。

この場所は、冬には-15~20度まで下がる事もあります。

そうすると、燃料(トラクターはディーゼルエンジンですので、軽油)が凍ってしまって、燃料パイプやフィルターが詰まってしまい、エンストしてしまうのです。

実際、重機(バックホー)はこれで動かせずに春まで放置です。

いつもは、真冬には燃料の軽油に少し灯油を混ぜると凍結防止になるらしいのですが、今年はそれもしておりません。

なぜならこの家の主は、昨年の秋に怪我をして入院し、そのまま他所で越冬しております。なので私が、時々様子を見に来ているんですけれどね。

 

そんなこんなで、動くかどうかドキドキものでしたが、トラクタ-は何とか動きましたよ。そうなればもうこっちのものですw。

 

・・・それで、〇〇〇ーを牽引しようとしましたが、牽引フックが見当たらない。

フロント周り、下回りを見てもそれらしき物がない。

(後で調べたところ、フロントバンパーに蓋が付いていて、それをドライバーで外して付属のフックをねじ込むのだそうです。しらんがな。)

がっくりしましたが、まだ諦めません。

〇〇〇ーの後ろを除雪機で広く除雪して、トラクターを後ろへ。

〇〇〇ーの後ろにはフックが覗いていましたので、トラクターをワイヤーで連結してゆっくり後ろへ牽引して〇〇〇ーを脱出させました。

最近はトラクターも4駆でしてね。

ハイブリッドでも何でもないエンジンで、ギアを切り替えればフルタイム4駆に切り替わり、デフロックも着いています。すごくわかりやすい。

この安心感w。

ぐいぐい引っ張って脱出。

その後は、〇〇〇ー自力で勢いを付けてスタック場所を乗り越えて前に出しました。

 

似たような経験を、数年前にもこの車でしておりますけれど、本当にこれは困ります。

車好きの私は心底幻滅致しました。

 

1.むやみに4駆・4WDと思わせるな

 ハイブリッドなだけに、普段の使い勝手が良く、燃費も良ければ確かに重宝する。

しかし、私も含めて一般人は4駆と言われれば、4駆なんです。

現実に、一応4つのタイヤが動くからぐいぐい入っていける。

ただし、スタックしたら出られない。その状況では4駆でも何でもなく、FFでさえもない現実。

実際、これで意気揚々とスキーに出かけて行って、はまった人も大勢いるでしょう。

”ちゃんとした”4駆と比べてここが違いますよという情報提供は必要だとおもう。

2.強制的にエンジン駆動にする方法がないものか。

最低でもFFになれや。なにこの中途半端。

3.電子制御か何かしらないが、使えない時は手動に切り変えられる必要がある。

運転手の意思を素直に体現するモードは必要でしょう。

4.牽引フックの場所をわかりやすくしてくれ

 皆さん知っていましたか?こんな所にフックが隠れているんです。私は知りませんでした。隠すんなら、マークでも何でもつけとけや!

5.4駆ならデフロック位付けろや!

 その様な車ではございません。そうですか・・。

 

ちょっと前に福井の大雪で、車内に何日も閉じ込められているニュースがありました。

今回の私も、家の敷地内(でも無人)での事でしたので対処が可能でした。

これが、山奥での事だと想像すると・・・コワイ・・・。

(そんな状況ならとっととJAF呼ぶけれど)

 

そんなこんなで、今度家族車を買い換えるときには燃費なんかどうでも良い。

動かしたいときに確実に4つのタイヤが動かせる車が欲しい。

(ただし、私はスポーツカーが好きなので、FR。まあ、4WDでも良いけど、スポーツカーは譲れませんw。)

 

 

皆さんの4駆。それは、もしかしたら”なんちゃって4駆”かもしれません。

遠出する前に一度は確認しておいた方が良いですよ。

 

 

追記1)

普段は私一人で行っているのですが、インフル中と言うこともあり、妻も同行してくれておりました(妻もインフル中ですがw)。

こんなん、一人だったら泣くわ。

いや・・・トラクターで牽引するときに〇〇〇ーのハンドルを持っていてくれただけでも助かったw。

ありがとね(ここだけの話)。

 

自宅に帰った後、撞いた。

ろくなもんじゃなかった。

 

追記2)

先日は、怒りにまかせて書き殴ってしまいました。もしかしたら説明書を読めば全て書いてあるのかもしれません。しかし、車の説明書って読む人いるんでしょうか。

(ちなみに私は今まで読んだことがありません)

読まなくても、基本操作は感覚的に分かるような物でなくてはいけないと思うのです。

 

インフルフル

インフルエンザが流行っております。

小学校では時々学級閉鎖しているクラスもあります。

一時期より下火にはなった様ではありますが、それは学校での事。

我が家では、今インフルエンザが猛威を振るっております。

 

まずは下の女の子が発熱し、病院でインフルエンザの診断でタミフルを飲み始めました。

あ~。こりゃ来たわ~・・・と思っても、介抱しなければね。

2日たったところで、お兄ちゃんが具合が悪くなり、学校を休みます。

共働きの私達夫婦は、代わる代わる仕事を休んで、二人の面倒をみております。

そして今日、私の体調が・・・

大事な仕事があるので休めませんが、インフル(の可能性は限りなく大)を職場に持ち込んだら困るよなーと。

息子も今日病院でインフルの診断がつきました。

まあ、あと数日で妻にもね。

 

私だけインフルにかかったとのことであれば、家族に移らない様に喜んでビリヤード蔵に避難して

練習しながら収束を待てば良いのでしょうが、子供達が先だとどうしようもありませんがな・・・。

 なかなか思うようにいかない世の中ですな。

 

 

開眼!?

皆さんおはようございます。

まだまだ寒いですが、もう少しで春ですよー。

 

先日の事。

どーん!

 

f:id:supragogo:20180214082826p:plain

 

あはは~。誰もが一目で分かる「誤計測」

何か他の音が入ったのでしょうね。

 

実の所は、グラフを見れば分かるとおり伸び悩んでおりまする。

ブレイク・サンドバック

 皆さんおはようございます。

 

撞く時には必ず10ballブレイクの練習をかねてボーラード・もしくはそのまま10ballをしています。

もっぱら平撞きブレイクです。そのせいでしょうか、9ballのブレイクも今は平撞きでしています。

 

私の9ballのブレイクは、撞点と一番への厚み重視で、ほぼ手振りのみ。

体のアクションは全く使いません。

キュースピードはだいたい27-30kmです。

10ballのブレイクは体のアクションも使ってできるだけ早く振ります。

 

二つのやり方を比べて、気がつくことは・・。

キュースピードを上げるためには、まずは肩関節を動かさなければダメと言うこと。

 

ブレイクの時のキューの動く距離というのは・・・どうでしょう、60-70cmって所でしょうか。その距離をほぼほぼ肘関節だけでも動かせるわけです。

実際の私の9ballブレイクでは、少し肘が落ちますが(肩の動きで)、ほとんど肘の動きだけで動きます。コントロールブレイクですからね。

でも、キュースピードとしては肘の動きだけではこれが限界です。

 

最近は私の9ballと10ballの撞き方は「全く別の物」として考えた方が良さそうだと思うようになりました。

10ballブレイクの時に、もっとスピードを上げようとすると、9ballのブレイクに肩関節の動きを加えるのですが、「加える」と言う意識だと、実際の肩の動きが思ったより小さいんですよね。

 

 肩関節は動きは遅いですけれど、可動域は大きい。

大きな関節の動きに加えて、肘や手首の関節の動きを加えると、二重振り子や三重振り子の原理でキュースピードが上がります。

 

それは理解できていたのですが、どうしても肘以下の動き中心で、肩がろくに動いていないんですよね。

どちらかというと通常のショットの時のように最後に肩が動いて肘が落ちる様な感じ。

 

これじゃあ、スピードは上がらんなあ・・・と。

最初から肩関節を動かして、せめて90度近く上腕を下ろしたい。

上腕を下ろした後で、肘関節を曲げて(前腕を前に)・・なんてやっていると

ショットが終わってしまいます。

なので全てを同時に。

 

よーいドンで、握り込み・肩・肘全てを同時に動かす。

これって、慣れないとどこに意識を持っていけば良いか分かりません。

何しろブレイクは一発勝負ですので、私思いました。

 

テニスでも散々”素振り”したよなーと。

ブレイクも同じ。素振りの練習すべし。

 

ただの素振りも良いですけれど、スピードを測りたい。

時々ブログで目にする「ブレイク・サンドバック」。

厚い漫画本や電話帳などをガムテープでグルグル巻きにした物を

ヘッドスポットに置いてブレイク練習をする奴ですね。

今度、それに似たような物を作ろうかと思うのですが、手玉が当った時にある程度の音が出て、アプリのBreak Speedで速度を測れる物を作ろうかと。

 

条件として

1.手玉が当ったらBreak Speedが認識する程度の音が出る。

2.手玉やラシャに傷がつかない。

3.いちいちサンドバックの位置を合わせに行かなくて良い

4.半日ほどのDIYで作れる。

 

 これらを考えると、

・「漫画本グルグル」に音が出るようにいらない玉とか、木を埋め込むパターンか、

・玉を強めのゴムでフットスポットに固定して、手玉が当ってビヨヨーンのパターンか。

上記の両方か

 

・・なんて、探してみましたら、ありました。

www.youtube.com

「BreakRAK」ふーむ。

まあ、こんな感じになりますわね。

当った時の手玉に対する衝撃なんかも、実際のラックに近いのでしょうかね。

ただ、お値段は4-5万円。自分で買う気にはならん。

何とか自分で工夫して作ってみます。

 

何だかんだで、ラックするよりは全然楽だし、ただの板を付けた漫画本グルグルで妥協しそうな雰囲気満載ですw。