ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記 時々車の事も。

ミスから学ぶ

ここの所、私の玉撞き動画ばかり上げています。

その理由は簡単で、「ネタがない」。これに尽きます。

一人で玉を撞いていて毎日話題に事欠かない出来事があったら、

逆に「お前もうちょっと落ち着け。」と言われるでしょうねw。

そんな訳で、自分の動画を見て思う事を書き始めたのです。

「恥を晒す」とも言えます。

まあ、本当の恥は載せませんけれどね(キッパリ)w。

 

この様な動画ってどうなんでしょうか。

どこの誰かもわからないB classが撞いている動画をみて、面白いのだろうか。

自分が見る分にはいろんな思いがあった上でみますので、面白いんですけれどね。

 忙しい生活の中で、動画を見るのであればtop proのゲームを見た方がためになるかと思います。

ただ、B classの玉を自分と比較してみるという事は出来ますよね。

あまりうますぎる方の玉だと、自分と比較のしようがないっていうw。

私のミスを見ながら、「そうだよね」って安心出来る人もいると思うんですよ。

一緒に上達しましょうね。

 


114 12:36 コピー

さて今回の配置は取り出しからちょっと難しい。

取り出しの③番は⑥が邪魔でバンクはないです。

サイドか左下コーナーです。

ところが④がまた微妙な所にありまして、台のセンターから下(画面下側)からしか入れられません。

私が考えた事は、③→④のキスショットです。

何をやるにしても難しいなら、③を入れるついでに難しい④も動かしてしまえって事ですが、④がある事で③番を入れる難易度は下がるとも言えます。

結果はご覧のとおりで、こういう時に限ってきれいに入っちゃいます。

かすりもしない。

相撞きであったら、”狙い通り”だよとすます場面ですねw。

さて、手玉はセンターより上にあり、④を入れるのは一苦労です。

(いっその事、角にぶち当てて右サイドバンクとか右上コーナーバンクなんてのは、考えるだけ無駄ですよね)

現実的には、これしかないだろうとやった空クッション。

(今見ると右下へのバンクがありそうですね)

 

これがきれいに決まってポジションもgood。

でも⑨がじゃまで、⑦番に出すには右下で左の長から戻してくるか、裏回し位です。

(ああ、⑨番への当て止めも今思い付きました)

さて、どうなったかは見なくてもわかりますね。

左にこじってますね。

良いショットが続き、期待に胸が高鳴る次のショット・・・残念です。

 


114 12:40 コピー

さて次のラック。

これまた取り出しの①番が手玉にベタベタです。

これはもう入る気がしないですが、こんな時だけこの台は受けてくれるんですねえ。

何はともあれ入ります。

③もかなりキツイですが、しっかり入れて手玉もOK。

これで行けると思いきや、④はサイド跨ぎのクッションタッチです。

泣ける。

この頃にはもう「何でも来いや!」って感じ・・・・おお!入れた。

一気に配置が整って希望が出てきました。

⑤番・・・まあ良いんじゃない?でも、なんで直引きじゃダメだったのか。

⑥番。

サイドへ入れて流して下の短から戻すか。遠いけれどコーナー狙いかです。

左下コーナーへ入れれば、手玉も良さそうですが。

・・・・やっちまいました。ドソッポです。

何とかここまで繋いで来たので、最後まで頑張ります。

(⑥はなかったことになっている)

皆さんも心の中にありますでしょ?

「このミスさえしなければ、マスワリできたかもしれない」と言う気持ち。

裏返せば、そのミスを認めたくないという事なんですけれど。

プレッシャーから解放され気持ちもリセットされて、明らかにミス前とは何もかも違いますのでねえ。

 

・・・最後に恨めしそうに⑥をピッてw。

 

さて、これを見て何がいけなかったのか考えます。

1.⑥を外した技術的・精神的なミス・・・まあそうだ。

2.そもそも⑥はサイドへ行くべきでは?・・・うーん。

確かに⑧⑨の間を抜けて2クッションで行くべきだったか。弱めに撞いて⑦を右上コーナーか、ちょっと強めで行って⑦をサイドでしょうか。

⑥をサイドにとって殺したら、⑧と絡みそうな雰囲気ですよねえ・・・。

 

これらを、実際に撞いて確かめておく必要がありますね。実際に選択できる方法なのか分ったら、次の選択肢に加えられますもんね。

 

いっぱいいっぱい

 


2019 1 14出しミス1 コピー

 この配置も開けていて、頑張れば取れると思ったのです。

しかし、その時はすぐにやってきました。

②番の出しです。

完全にミスってます。

心の中では、引いて(右捻りも若干)長クッションから③の中央寄りに出すつもりだと思いますが、こじったか撞点ミスでこんな所へ。

全く右が入っていませんし。

「ぶっ」て感じです。

(右の壁にあるテレビなんて見ている場合じゃない!)

ところが諦めません。

何とか食らいつこうと頑張って③のバンクで取ります。

 

頑張った人にはご褒美が・・・あるとは限りません。

隠れてしまいます。

ちょっと左の捻りを控えれば⑦に当たらずに3クッションで④番に出るような気がしますが、なかなかそこまで気を回せていません。

と言うより、私このショットで捻りの増減や引きの増減でどの様に変わってくるかよく分かってないんですよね。

第一クッションの場所と捻りの量による変化をちゃんと確かめておかなければいけません。

ほんとテンパっちゃっているんですね。

 

あとは頑張って、ジャンプ!

もうムリ。

 

追記)

何がいけないか考えて見ますと、

・もちろん②→③への出しミス

・①→②で②にもう少し近くに出せないか

 もうちょい近ければやりやすいと思うのですよね。

 ④⑤の間を抜いて、右長のワンクッションから②へ向かわせるライン出しか、左をちょっと入れて、短から中央へ立ててくるか。微妙な捻り加減が難しいなあ。

・バンク後の手玉の走り方。

 

色々問題はありそうだなこりゃ。