ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

わんこ

皆さんこんにちは。

 

今日は初めてのビリヤード以外のお話です。

 

身内が骨折と慢性硬膜下血腫で入院しておりました。

その身内が飼っていた犬(ラブラドール)の世話をしなければいけなくなりまして、

私の家に連れてきたのです。

犬小屋として使っているのは、私のビリヤード蔵の隣、そこも蔵の一室です。

約4.5畳位の、犬小屋としては十分の広さがありますが、元々暮らしていた環境と比べればビリー(犬の名前)にしてみれば不満ですわな。

彼女は牧場で暮らしていたのですから。

f:id:supragogo:20171119163600j:plain

ただ、ビリーは何のしつけもされず、ただただ自由に飼われていたため、散歩に行くのも一苦労でした。引っ張るひっぱるw。

子供達なんか引きずられますからね。

出来るのは”お手””待て””座れ”位でした。

 

身内の入院中の世話やら何やらでとてもビリーの世話まで出来そうにもなかったので、

ちょうど良い機会かなと、近くの訓練所(本来は警察犬の訓練所)に預けて、基本的な訓練をしてもらうことにしたのです。

 

かれこれ2ヶ月。身内も無事退院しましたが、高齢のため、元の生活にはまだ戻れません。

引き続きビリーは私達家族が世話をする事に。

 

本日、ビリーが訓練所から帰ってきましたよ。

一家で出迎え、心の中では「二ヶ月でどれだけ訓練できたのか。何が変わったのか。

もし変わってないとしても、どうせ犬の能力のせいにされるんだろうな・・」などと思っておりました。

 

夕方、ビリーが自宅に連れてこられ、まずは訓練士の方が、散歩の見本など見せてくれましたが・・・これはすごい!

あれだけリードを引っ張りまくって、小学生では危なくてリードを持たせられなかった

ビリーがね、まるで盲導犬の様に訓練士の左に寄り添っておとなしく歩いているんですよ。さすがに、久しぶりに会えた家族に興奮して飛びついたりのハプニングはありましたけど。

訓練士さんの話によると、ビリーは雌と言うこともあって、ラブラドールの中でも非常に性格が穏やかなのだそうで、訓練もしっかり出来たとの事でした。

 

「では、今度は家族の方が」って事で順番にリードを持って代わる代わる歩いてみましたが、なかなかうまくいきません。

まるで乗馬の様にリードからサインを送って、犬を制御する。

ビリーが引っ張ったら、ただむやみにリードを引っ張って押さえるのではなく、

軽くサインを送れば言うことを聞くようです。

1番上手だったのが、4年生の息子。

今度は私達の訓練が必要なようでw。

 

いままで実家で歴代の犬を何匹も飼っていたけれど、犬の訓練などに関してはまるで素人でした。

そのため、意識としては「犬は人の命令に従うべきで、それが出来ない犬はお馬鹿な犬。もしくはしつけがされていない犬。」というような認識でいました。

少なくともかわいがってはおりましたけれど。

本当にただの素人ですね。

 

犬を従わせるためには、ルールが必要。

人と犬の間でルールを決め、そのルールの中でやりとりをすると、犬の方もしっかり反応してくれる。

(今までビリーがいた牧場では馬も飼っておりました。数年前に他界してしまいましたが、乗馬における人と馬の関係と同じなんだなあと。)

ビリーがそのルールを覚えて帰ってきた以上、今度は私達がそのルールを覚えなければいけません。

明日の朝の散歩から私達の訓練が始まりますw。

 

ビリーの犬小屋は、犬小屋としてはちょっと広すぎかな。

これからどんどん寒くなりますしね。

犬小屋の中にもう一つ小屋を作ってあげようと設計図を書きました。

今日はホームセンターに行ってDIYで頑張るぞ!と、張り切った一日でした。

 

タイミングやストロークの分析

 皆さんこんにちは。

ここのところ全く撞けませんでしたが、今日は久しぶりに蔵に入れそうです。

 

私は今まで、キュー出しを長くした方(当社比)が切れがupするような気がしておりました。

しかしいろいろな上級者の方のブログを読んでいると、全く正反対のことが書いてあるのですね。中にはプロレッスンを繰り返し受けていらっしゃる方のブログも複数ありました。

 

その要約として

・キュー出しを長くすれば切れると言うわけではない

・むしろキュー出しは短い方が・・・とか

 

キュー出しが長ければ長いほどい良いという事もないでしょうし、短ければ短いほど切れるわけではない。

結局は”良い塩梅”があるって事でしょうね。

自分の撞き方で一番切れるキュー出しの長さを探っていけば良いのでしょう。

 

最近の練習では、「まずはタイミングが命」と思っています。

キュー出しが長かろうが、短かろうが、タイミングがずれていたら切れるものも切れません。

逆にタイミングが合っていればそんなに限界近くを撞かなくても良く切れてくれます。

 

元々私はテニスを長年やっておりまして、相手が打ってこちらに向かってくるボールに

タイミングを合わせるという事は無意識でやっておりました。

テニスや野球の場合は、タイミングがずれると、打った球のコースも変わってきます。

タイミングが遅いと(いわば振り遅れ)、玉に食い込まれて右方向に飛んで行ってしまいます(右利きで右手フォアハンドの場合)。

逆にタイミングが早いと、打点が前になるため打った球は左方向へ。

もちろん手首の角度で微調整はできますけどね。

 

静止している玉にタイミングを合わせるという事も基本的には同じでしょうが、

タイミングのずれが分りにくいと思うのです。

 

 

ショットのタイミングを視覚化できる道具って言うのは現在の技術なら作れそうです。

キューに小さな機械を付けて、ストロークのスピードや加速度を測定することは可能でしょうし、キューが手玉に当ったタイミングも・・・と考えていたら

 

・・・どこかで見たぞ?そんな奴・・・

www.newart.co.jp

f:id:supragogo:20171118094427j:plain

あっはっは。

そのままの物がすでにありましたw。

 

説明書を読むと「ストロークのスピード解析では、テイクバックからボールを撞くまでの段階を4段階でグラフ化されます。」との事。

一応、それでタイミングが合っているのかどうかは分かるのかなあ・・。

 

ただねーこれは使いにくそうですよね。

どうせなら

www.newart.co.jpこんな感じでエクステンションの様にジャマにならないように装着できないと。

このDIGI CUEの方は、真っ直ぐ撞けているかだけを解析してくれるようです。

 

上の「ストローク・アナライザー」なんですけれどね、「実際にボールを撞くストロークをグラフィックデータとして端末の画面に再生できる」と言うことらしいです。

後で確認することは出来るけれども、それってあまり役に立たないですよね。

「ここがいけない」と言うことが分かっても「どうすれば良くなるか」って事が分からない。どのように動かせばどう変化するか、リアルタイムでキューを動かしながら解析出来るものでないとね。

その場ですぐフィードバック出来るものだといいな。

出来れば、blue toothか何かでパソコンやスマホに繋げて、リアルタイムでキュースピードやインパクト、ストロークのズレなどが表示される様な物がほしいなあ。

 

誰か作ってくださーい。

 

 

 

 

 

 

 

安定の・・・

 皆さんこんばんは

皆さんパワーブレイクしてますよね!

男なら当然ですよね。

 

と言うわけで、時々測っておりますが・・・

f:id:supragogo:20171112193038p:plain

なかなか記録が伸びません。

 

これはサイドブレイクです。

私は基本9ballでも10ballブレイクと同じ撞き方が出来る様に練習しております。

9ball、10ballいちいち切り替えるのが面倒ですのでね。

ここのところ、どちらでも30km台前半で推移しております。

 

ただし、最近良いなと思うのは、楽に撞けていると言うことです。

脱力して、”ヨッ!”て言う感じでもスピードは変わりません。

ひと頃は行くぞー!って感じでこんなスピードでしたが、最近は省エネでもこの位です。

まあ、力が抜けていることが良い方向に行っているのでしょうね。

(まあ、グラフを見るとわかるように波はありますけどねw)

 

なんだかんだで、繰り返し練習していることで、

やはり慣れはありそうです。

自分なりのやり方が身に付いてきたというか。

これ以上を狙うとなると、やはり大きく何かを変える必要がありそうです。

そう言う意味では、固定してしまう前に、次のステップへ行く必要があります。

 

目指すは”発勁”系のブレイク。

いかにも力んで頑張っているって言うブレイクではなく、

スッと行って、バコン!ですわ。

 

えー、擬態語ばかりでよくわかりませんでしたね。

すみません。

トビとスロウ

皆さんこんばんは。

今日は久しぶりに撞けました。

その時にある事を考えていました。

 

皆さん”スロウ”ってご存じですか?

ある程度ビリヤードに接している人であれば、誰でも聞いたことがあると思います。

f:id:supragogo:20171111005130p:plain

スロウを簡単に説明しますと、1番を右上コーナーに狙う場合。

本来、シュートライン上にイメージボールを想定し、そこに重ねるように手玉を1番に当てれば、1番はAのコースを走ってコーナーに入るはず。

しかし、実際は1番はBの様に若干ずれたコースを走り、コーナーに入らない事があります。

それは、手玉が1番に当たった時の(この図では)右方向の摩擦によって1番が右側に持って行かれるためです。

このスロウによるコースのずれはボールやラシャのコンディション、手球のスピードや1番に当る厚みによって変わってきますが、手玉と1番がぶつかったときの摩擦(もしくはラシャとの摩擦)によるもののため、多かれ少なかれ必ず起きている現象であるとの事。

また、手玉の回転(捻り)によって摩擦の度合いが変わってくるため、それを考慮して順捻りで撞くとスロウが起きにくくなります。

 

さて、ここまでが前提です。

上記は”手玉と先玉の間に起きているスロウ”のお話ですが、

捻りの撞点で手玉を撞く際に、”タップと手玉”の間にも同様の事が起きているのではないかと思ったのです。

 

捻ったときによく語られるのが”トビ”です。

f:id:supragogo:20171111005841j:plain

(↑極端に描いてあります)

手玉の右を撞いた場合は、手玉の走るコースは若干左方向へずれますが、それがトビ。

その程度は、ノーマルシャフト>ハイテクシャフトです(キューのしなりの程度による)。

 

タップが手玉の横に接触してその摩擦でひねりの回転が生まれると言うことは

その摩擦で手玉が右方向にスロウを起こすのではないでしょうか(それをスロウと呼ぶかどうかは別として、トビを相殺する方向に)。

 

ここの所、キュー出しを少し長めにするように練習をしているのですが、

キュー出しを長めに(当社比)すると、トビが少ないように思えるのですよ。

パチンとはじく撞き方より、グッと押してあげる撞き方の方がタップと手玉の接触時間が長くなって、その分タップと手玉の間のスロウが大きくなってトビを相殺させるのではないでしょうか。

 

この事をどんな場面で生かせるかはまた別のお話かな。

だれか教えて!

 

 

 

撞点

 

皆さんおはようございます。

 

「引けない人の多くは下を撞けていないだけ」と言われます。

私はそれほど引けないわけではありませんが、すごく引けると言う訳でもありません。

 

自分では、これ以上の下は撞けないと思った所を撞いているつもりでした。

なぜかって、それ以上下を撞くとミスキューするから。

しかし同じ限界撞点を撞くのでも、撞き方次第ではもっと下を撞ける気がするんです。

自分で限界と思われる下撞点を早いキュースピードで撞く事が出来れば良いのですが、それだとミスキューします(撞き方が悪いだけなのかも)。

しかし、同じ撞点をもっとゆっくり撞けばミスキューしないんですよね。

そういう時は切れも良いし、楽にゲームを進められる。

でも、日が変わると元に戻ってしまったり・・・。

 

 

「引けない人の多くは下を撞けていないだけ」

自分は違うと思っていても、実は下を撞いているつもりでいるだけかもしれないと

思い直しました。

そもそも私、インパクトの瞬間に、撞点を見ていないわw。

ほとんどの場合は先玉を見ているような。

限界の撞点を撞く時に撞点を見ながらだと、そこにキュー先を突っ込んで行ってしまうのですよ。

先日のチューブのイメージで、真っ直ぐに狙った撞点を撞ければ良いのですが、

どうしても辻褄を合わせに行って、キュー先が下がってしまう傾向があるのです。

俗に言うおじぎというやつですかね。

 

 これまた、よく言われることで、事実でもありますけれど。

「下の撞点を撞く時には、実際のタップと手玉の接点はタップの中心より上」だと。

f:id:supragogo:20171108191050j:plain

↑こういう事ですね。

 

横の撞点を撞く場合も同様です。

中心より外を撞く場合には、実際の接点は狙った点より手玉の中心寄りという事ですよね。

確かに、それをしっかり意識しながら狙う場所を決めないと、

かなり甘い撞点を撞く事になってしまいます。

頭(眼)の高さでも見え方が変わってきますしね。

今度、しっかり確認してみよう。

どこまでの撞点を撞けるか確認する事と、(上下左右)「ここまでは撞ける」と言う

自信は必要だと思います。

 

まあ、小さなことでも一つ一つ確実に積み重ねていかなければいけませんね。

それが自分の基本になっていくのですから。

 

 

チューブのイメージ

 皆さん今晩は。

 今日は疲れてしまったので、ちょびっと。

 

ストロークをする時に、チューブのイメージで振るようにしています。

チューブとはキューが通っていく道筋の事です。

テイクバックからベクトルが変わってインパクト、フォロースルーまで。

f:id:supragogo:20171108193140j:plain

一直線のチューブ(もしくはトンネル、ホース。言い方は何でも良いのですが。)の中をキューが滑っていくイメージで振ると割ときれいに出せる気がします。

要するに、ストローク中にキューを上下左右にブラさずに一直線に出すイメージを描こうとうとしているのですが。

このイメージでやると、肘や手首もある程度動かす必要があるのですが、

一直線に出す事を重視して練習中。

 

これが、良い事かどうかは知らん。

私のビリヤードの行方

 皆さん今晩は。

大分秋も深まってきましたねー。

この連休あたりは、ツーリングのバイクをたくさん見ましたよ。

ルールを守って走って下さいね。

 

さて。

ちゃんと、ビリヤードがうまくなるには

今のままではいかんと思っています。

しかし、変えようがない現実もあるのです。

 

時々、試合に出てみるとか、プロにちゃんと習うとかしたいと思うのです。

しかし、試合は車で一時間以上かかる小都市に行かねばダメです。

その結果なんかを見ている限りでは、決して人数も多くなく、

上位は決まった常連さんみたい。

プロレッスンとなると、もっと遠くへ行かねばならん(車で2-3時間)。

 

両方とも、今の生活を考えると無理です。

 

そもそも、近くに他のプレイヤーがいません。

仲間内でやるにも、私が誘って時々撞いているC級が一人いるだけです。

他は初心者です。

まあ、近くにビリヤード場自体が存在しないので、やる人がいないのも当然です。

 

本当に、同じ町に住んでいると言う「国体にも出た経験があり、プロをめざしていた」という方の動向が気になります。

今は他の仕事に就いておられるようですけれども。

ご本人の意思を尊重して、当方からの連絡はしておりません。

その方がまだビリヤードに未練があるのであれば、少なくとも練習場所を提供する事が出来るのですけれども。

(これだけは自慢です。コンディションだけはちゃんとしておりますよ?)

私は私で上級者からいろいろ盗めるしw。

 

しかしまあ・・・

これがマイナー競技の、さらに地方の現実なんです。

 

この環境で、「私は一年でA級になります」だの「一年でうまくなれる練習の仕方を教えて下さい」

など言うつもりはサラサラありませんです。

 

まずは数撞く時間を確保するという段階ですからねえ。

自分に与えられた環境の中で出来るだけ練習して、楽しめれば良しとする。