ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記

so good

皆さんこんばんは。

 

久しぶりに撞けましたよ。

今日は何だか素晴らしかった。

何がって、まあ全体的に次のレベルに入ったのかと言う程でした。

特に切れなんですが、いつもこんなに引ければ楽なのにと言う位引けるんです。

いや・・今までのシャカリキ系は一体何だったのか・・・。

(後日追記:今までも引けなかったわけではありませんが、ロングドローなどでは、引きたい→力む→こじる→外すの悪循環でした。それが、楽に引ける→力まなくても良い→こじらない→入る。と、良い循環に。力まないから引けるのか、引けるから力まなくて良くなったのか・・どちらが先かは分かりません)

 

さて、何でそんなことになったかと言うとですね

1.タップをignacio並みにRをつけてみた。

2.キュー出しを当社比で少し長めで、肘を落としてもう一押しする感じで

3.何しろこじらないように、パイプの中をキューを通す意識で

4.力を抜く

これだけ意識している事があると、何が良かったのかさっぱりです。

恐らく、上記の1.と2.が良かったのだと思うのですが、今日一日だけでは何とも言えず。この感覚を忘れないうちに明日もう一度確認したいところです。

 

きっかけは・・・

呉坤霖 Wu Kun-Lin

www.youtube.comこの人のストロークを見て何かしっくり来たんです。

上の写真の左の人ですよ。右はDennis Orcolloです。

なんとなく平口結貴プロのストロークに似ていて、肘が落ちてキュー出しが長くて非常に素直。基本的に無理がなくて楽に撞いている感じ。

(まだまだ23才。もうちょっと感情が顔に出ても良いかなとは思いますけれどねw)

 

今日撞いてみて分かったことは、”少なくとも自分にこれだけの可能性がある”と言うこと。だって出来ているんだもの。それだけでも嬉しかった。

まぐれで一つのショットが出来たというのとは違って、繰り返して出来ていた。

思ったところへイメージに近く出せている。

 

明日も出来るとは限らないところが辛いところだけれども、

私にとってはこれだけで一週間幸せに過ごせるのです。

 

困ったことは、引けすぎてコントロールが出来ない。

それを楽しんでいる節は多分にありますが、これがデフォルトになるようなら

それなりに組み立てを考え直さなければいかん。

今の私には贅沢な悩みです。

 

 

まあ、明日はぶっ壊れている方に賭ける。

 

プロの押し玉

私はyou tubeなどでビリヤードの動画をよく見るのですが、

プロの押し玉ってすごいですよね。

私の動体視力が悪いだけかもしれませんが、そんなに上を撞いていないように見えるのにグインと加速します。

「え?押すつもりだったの?」って意表を突かれる事があるんですよね。

 

繰り返して見ていますと、中心付近でプラクティスストロークをしているんですが、

実際の撞点はやはり上をついているように見えます。

 

”芯押し”と言われる押しがあります。

ネット上でもいろいろな意見があるようですね。

いわゆるビリヤード界の”オカルト”だと。

そんな押しは存在しない、何だかんだで上の撞点を撞いているのだ、と言う意見。

一方、ちょっと上の撞点をこすり上げるように撞くと芯押し出来るとか。

 

どちらにせよ、グインと加速する押しって見ていて楽しいですよね。

引きも同じですけれど。

 

話は変わりますが、同じオカルトつながりで。

”オーバースピンはない”ってのは本当なのでしょうか。

これって、完全回転(球がラシャと一切滑らずに、ひと転がりする間に円周分だけ進む状態)以上に回転する事がないって事ですか?

物理選択ではないのでよく分かりませんが、印象としてはオーバースピンはありそうですけれど。

言って見れば、車で急加速しようとしてホイールスピンしている状態ですよね。

 

もしかして、物理現象としてはあるけれど、キューで球を撞いてオーバースピンさせることが不可能って言う意味なのですかね?

押し玉が加速するって言うのは、このオーバスピンが存在するからの様に思えますが・・・

 

よく分からん。

 

 

 

 

 

価値観 

 皆さんおはようございます。

寒いですねー。

クリスマスも近づいてきて、なんとなく・・・ちょっと気分が↑

 

今日の話題は、下書きしてから随分時間がたっているネタですが。

ブログにアップしようかどうか迷っていたのです。

まあいいや、載せちまえってことで。

 

私は中・高・大とテニスにどっぷり漬かっておりました。

そのため、”体育会系”の体質や雰囲気と言うのは良くわかっているつもりです。

その中には良い部分もあり、悪い部分もあり。

挨拶をする、後片つけをしっかりする、道具を大事にする等、若いうちに規律と礼儀を学ぶのは非常に良いと思います。

 

私が体育会系の雰囲気でちょっと違和感を感じるのは、社会人の体育会系。

バレーだとかテニスだとか野球とか、何でもそうだと思うんですが、「努力しないのはおかしい」とか「うまくならなければ意味がない」とか「勝たなければ意味がない」という雰囲気。

いや、実業団ならまだ分かります。彼らは半分プロですからね。

もしくは、「この集まりは、どこどこの大会での上位進出を目指しているクラブです。生半可な気持ちの方は入部ご遠慮下さい。」って言うように、そう言う人たちの集まりというのであれば。

 

ビリヤードをしている方々にも、当然ながら様々な人がいます。

基本的には誰もが少しでも上達する事を望んでいるでしょうが、

望んでも出来ない環境の人が大勢いると言うことは事実だと思うのです。

 

「ビリヤードをするのであればA級を目指さなければおかしい」

「うまくならないのは努力が足りないのだ」

「そんなやり方では一生変わらない」と言う言葉ってどうなんでしょう。

こういう雰囲気が、初心者を入りにくくしているのではないでしょうかね。

 

いや。おっしゃる事に間違いはないですよ?

ビリヤードしかやることがないって言うのなら。

 

しかし、普通の大人の生活ってのはそうではないのですよ。

結婚して子供ができて責任があって。

ローン組んで、家を建てて。

親も高齢で、介護が必要で。

仕事では全責任を持って、ストレス溜めて、

やっとの事で時間を作って趣味のビリヤードをして息抜きをしている。

好きだから寝る時間を削って撞いている。

毎日毎日何時間も撞けない。下手すると週に一度撞けるかどうかだ。

それでも楽しんでいるんだから、それでいいじゃないですか。

 

上達したくて、練習をしたいけれどもそんな時間は取れない。

「これでは一生このまま変わらないかも」と分った上で、それでも続けている。

限られた時間でも何とか工夫して上達しようとしている人に、

それを指摘して何か意味があるんでしょうか。

自分は時間が有り余っている学生時代にでも練習できてよかった、っていう自慢?

私としては「好きな事が十分できて良かったですね」としか言えません。

 

 以前、ブログにupしたマーク・トゥウェインの格言

To play billiards moderately well is the sign of a gentleman; to play it too well is the sign of a misspent life. (Mark Twain)

ビリヤードをそこそこうまくこなせるのは紳士の証。

あまりうますぎるのは、人生の時間を浪費した証。

 

人生と言う視点で言うならば。

「変わらないだろう」な、ってのはその様に言う方のほうかもしれません。

いまだに、本当に大事なのは何か分からない人々。

 

上記のような発言をされるお方は、金銭的にも時間的にもずいぶん余裕のある方々なのでしょうか。

もしくは、結婚もしておらず(もちろん子供もおらず)、親もまだ若くて、実家暮らしで、自分の時間は自由に使えるか。(いつまで学生気分なんだ?)

いずれにせよ時間的に余裕がある人でなければ言えない事。

 

上達するために、もしくは勝つために時間を割いて夢中になる。

自分の責任で選択してやっていることなので好きにすれば良いと思います。

ビリヤードが1番で、生きがいで、何を犠牲にしても・・と言う方は

プロになればよろしいかと。

それは個人の価値観であって、すべてのビリヤードプレイヤーが共有する価値観ではないと思いますけれど。

 

ああ、毒を吐いてしまいました。

 

まあ、いつもの「私はビリヤードは大好きではあるけれど、人生の目標でもなく

一番の目的でもない」ってお話でした。

 

追記)上記発言をされる方々も、そんなことは分っていらっしゃるはず。

  それをまた色々言う私もどうなのかと。

  読み流してくださいませ。

 

 

3歩進んで・・るのか?

皆さんこんにちは。

 

この週末は久しぶりに撞けました。

それでも合わせて5時間ほどですけれど。

 

今の私にとっては何かの課題に取り組むと言うのも良いですが、

その前に何しろ量が必要なんですよね。

ただ、せっかく撞けるのであれば、何か課題を持ってやりたいけれど

やりたいことが多すぎて、意識が次々と先走ってしまうんです。

言って見ればすべてのショットが課題で、全てを練習したい。

 

そう言う状態ですので、

タイミングの練習をしていたはずが、

いつの間にか捻りの練習をしていることに気がついて、

あれ・・何していたんだっけ?なんてことがしょっちゅうです。

結局元の課題に関してどうしたら良いのか方向性が決まらないままうやむやに

終わってしまう。

 

まあ、ある程度課題に沿って練習が進んで、何かコツがつかめた気がしたところで

次に撞く頃(数日~1週間経っている)には、ほぼ元に戻っているんですけどねw。

 

そろそろ年末も近づいてきました。

クリスマスだ、年越しだ、正月だーなんて家族サービスしないわけにも行きません。

あー。

まとまって撞きたいなあ。

f:id:supragogo:20171211163526j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の良さって何だ??

 

「頭の良さ」ってのには種類があるように思いませんか。

大きく分ければ、記憶力と判断力とでも言いましょうか。

 

偏差値の高い大学などを出ていれば、一般的には頭が良いとみなされます。

しかし、実社会でというか実際の生活の中ではその高学歴はあまり必要ない。

どちらかと言うと、物事の順序・手順などを理解して手際よく物事を進めていくと言う

判断力の方が必要だと思います。

俗に言う、「頭の回転がはやい」とか「機転が利く」人の方が、実生活では有用です。

 

例えば、料理一つとってみてもそうですよね。

材料に何が必要で、一つの物を炒めている間に、次の事を考えながら進めていく。

炒め終わってから次の材料を洗ったり切ったりしている様ではいかんと思うのです。

味付けの段になって胡椒はどこだとか、盛り付けするための皿を洗っていなかっただの、いくら高学歴でも「この人本当に頭が良いのか?」と思う人っていますよね。

そんな人が料理した後のシンクはもうぐちゃぐちゃ。

 

全体の流れが分っていない。先を読めない、想像できない。ってのが原因ではないでしょうか。

数秒後、数分後、数十分後、(場合によっては数時間後~数年後)をそれぞれ想像してみればいいのにと思うのですが。

 

車の運転でも、予想する・先読みするって言うのは非常に大事な事です。

ちょっとずれるかもしれませんが、先日こんな動画を見ました。

www.youtube.com

確かに前をトラックが走れば、大きいですから信号も見にくい。

トラックが通過して、ついていったら信号が赤だったなんてことありますよね。

こうやって自分の事ばかりでなく、後続車の事まで考えて合図してくれる人ってのはやはり機転が利くんでしょうね。周りがしっかり見えて判断できている。

このトラックの運転手さんの場合は、周りの事と言うより、まず自分の事が分かってらっしゃる。

自分の車の大きさや特性、それが周りにどのように見えるか分かっているから出来ることですよね(その上で人の事を考えてくれている)。

私はこういうサインは知りませんでしたが、こういう機転が利く人って好きです。

 

実際の生活の中では、そうでない人も大勢います。

道路に一時的に駐車するにしても、わざわざ対向車線に止める人っていますでしょ?

ただただ、ちょっと止めてこちら側にある店に立ち寄りたいだけなのでしょうが。

路駐するだけでも迷惑なのに、道路を歩いて渡るのさえ面倒らしいw。

 

私の町には、ある人気お菓子屋さんがあります。

県外からも大勢の観光客が来てお土産を買っていきます。

ただ、店前の道路が広くないので、店の前に路駐されてしょっちゅう渋滞の原因になります。店の横にはちゃんと駐車場があり、そちらを使うように張り紙もしてあります。

でも、店の前に他県ナンバーの車が止まり、店に入ります。

それだけでもジャマなのに、その向かい側に他の車がまた止めます。

(この道、片側一車線です)

字が読めないのか、状況が見えないのか。

ベンツだBMWだと高い車に乗れはするけれど、自己中心的なのか、単なるおバカか。

 

ただね。

私はそのように感じるのですけれど、世の中の人がみんな同じ意見とは限らないのですよ。

 もしかしたら、「全く悪気がない。本当に状況がわかっていない。」と言う可能性も十分にありますよね。

その場合は責める事は出来ませんし、「お気の毒」と言うしかございません。

でもそういう人に免許与えるのはどうよ。

 

 なんて。最近撞けていないものだから、玉以外のお話ばかりですみません。

 

 

 

 

 

 

 

不幸中の幸い

ここの所、時々雪が舞っておりましたが、積もることはなく。

しかしそろそろ積もることも想定して、先日タイヤ交換をしました。

 

私の車のタイヤ交換は面倒なんです。

なにしろ、自分の車に自分のタイヤを積めないんです。

しょうがないので、毎年妻の車でスタンドまでタイヤを運び、とって返して今度は自分の車を持って行くのですな。

帰りもまた同じ事の繰り返しです。

 

今年、私の車のタイヤが呪われていましてね。

しょっちゅうパンクするんです。

数年前は立て続けに釘を踏んだことがありましたが、今年のパンクは釘ではなく、

ただ空気が抜けるんです。

どうも原因はホイールの”バルブ”の劣化らしいのですが。

(二年ほど前に交換したはずなのに・・・)

 

走っていると、何かお尻がニョロッとするんですね。

???と降りてみてみると、右後ろのタイヤがパンクしている!

スタンドに持ち込んで見てもらっても原因不明。

数週間後、今度は左前が同じ症状に。

一回空気を入れると2週間ほどはちゃんとしているので、どうせそろそろスタットレスに交換するし・・と、時々空気を足しながら走っておりました。

 

さて今回、いよいよ交換しようとスタンドにお願いしたのですが、車を取りに行った際に、スタンドのお兄さんから「右後ろのタイヤやばかったですよ」と言われました。

何と、片減りして内側のワイヤーが露出しておりました。

 

思い当たることは、やはりパンクです。

パンクしていることに気が付かないままどの位走ったかはわかりませんが、その間に片減りしたようです。

でもね、空気が抜けていないか乗るたびに確認はしていたんですよねー。

ただ、265のタイヤなので内側まで見るには、屈んで後ろから覗きこまないと見えないし、周りから見る限りは問題ないように見えていましたからね・・。

いや~パンクばかりで「運がないなあ」と嘆いてばかりでしたが、この状態で高速を走らなくて良かった!

まさに「不幸中の幸い」でありました。

 

と言う訳で、皆さん「運行前点検」してますか?

ちょっとした注意でそれこそ命拾いするかもしれません。

 

肝に銘じた一件でした。

またまたビリヤードに関係ないお話ですみません。

 

追記)私の車載必需品!

1.水。飲用の水と、車用の水をそれぞれ1-2Lずつ。ラジエター用やウオッシャー液にも使えます。

冬に雪解けの泥水を対向車に浴びせられて、ワイパーを動かしたらウオッシャー液がなくなっていて、フロントガラスが真っ白で何も見えなくなった経験から。

2.バッテリーケーブル これは必需品です。バッテリー上がりで他の車に助けを求めてもケーブルがなければどうしようもありません。

3.スマホ充電ケーブル 現代社会では必須です。いざという時に電池切れではね。

4.牽引ケーブル 脱輪などした時に重宝します。

5.毛布一枚。寒い冬で、何かトラブルがあった時の保温目的です。ガソリンはいつまで持つか分かりませんよ。

6.ガソリンはできるだけいつでも満タンに近い状態で。重くなるから燃費的には悪いですけど、車はガソリンがあってこそ動く物です。

7.タオルと濡れティッシュ なにげに重宝します。

8.現金 高額でなくても良い。出来ればコインで2000円位あれば、暖かいジュースなど販売機で使える。財布とは別にあると良い。

9.小さくても良いので懐中電灯。できれば電池持ちするLEDが良い。

 

 

 

 

冬支度

皆さんおはようございます。

今週は冷えるようですよ。

 

私の住む地域は、冬になるとそこそこ雪が降ります。

ここ数年はあまり多くはないですけれど、それでも降る時には一晩で20-30cm積もります。

朝起きて、玄関を開けたら「ぎゃ~」って事が時々あります。

こういう所では雪かきなども、ご近所さんとの間に暗に決めごとみたいな物がありましてね。

お隣が家の前をきれいに雪かきしても隣の私ん家がやっていないと、やはり歩行者が歩きにくいんですよね。

通勤・通学の方々がいますのでね。特に小学生が転んで怪我をしないように通学前に雪かきをしてしまいたい。

中途半端な時間だと、通行人に踏み固められてしまって余計に雪かきがしにくくなります。

私の家のすぐ横は、川に橋が架かっておりまして、そこを小学生が通勤するのですよ。

別に義務はないのですけれど、うちの子供も歩きますので、雪が積もった時には家の前と、橋の歩道の雪かきをする事にしているのです。橋の上は冷えるので凍ってしまいますからね。

 

朝早く、それを私一人でするにはなかなか骨が折れましてね。

f:id:supragogo:20171204164400j:plain

自宅を建てたときに、どうせ必要になるだろうとこういうのを買いました。

除雪機です。大きくはありませんが、これで雪をぶっ飛ばすのですなw

なかなかやってみると面白くてですね、橋の歩道の上から川に向かって雪をぶっ放すんですよw。だーれも文句を言わんw。

気分爽快で、ついつい時間を忘れて仕事に遅刻しそうになることが度々。

 

これを使うのは冬だけでして。

夏場は使わないので車庫で眠っております。

「今年もそろそろ雪が降るかな」と冬支度を始めました。

まずは私と妻の車のタイヤ交換です。

そして、この除雪機の点検です。雪が降ってから”動かなーい”ではお話になりません。

で、先日動かそうとしましたらセルを回してもウンともスンとも言いません。

と言うか、セルが全く回らず。あーやっちまった・・・。

夏場にバッテリーを外し忘れて、すっかり放電してしまっていたのでありました。

 

ところが、最近の機械は優れものでしてね。

f:id:supragogo:20171204165854j:plain

そういう事態を想定してこういうのがちゃんとついております。

私、初めて名前を知ったのですが、「リコイルスターター」と言うらしいです。

早い話が、取っ手のついているロープを勢いよく引っ張ってエンジンをかけるわけですな。

まあ、そう簡単にかかるとは私も思っておりませんでしたよ!

何回ロープを引いてもエンジンはウンともスンとも・・。

引き方が遅いのかと、両手で思いっきり引っ張ったところ・・ガンッ!

右肘を車庫の柱にぶつけてしまいました・・・・。

かなり痛いです。

 

仕方がないので、バッテリーを外して充電器に繋げてみましたが、完全に放電してしまっておりまして、充電は不可能でした。

そんなこんなでバッテリーを新品に交換し、しなくても良い出費をしてしまいました。

クソ・・

 

それはともかく、ぶつけた肘が痛くてしばらくキューを振れません・・トホホ。

ビリヤードとはほとんど関係ないお話でした。