ビリヤードで筋肉痛

ビリヤードにはまった中年男の奮闘記 時々車の事も。

右振り 左振り

皆さんお早うございます。

明日はいよいよworld cupの日本初戦ですね。

私は特にサッカーファンでもなんでもなく、普段は全く観戦しません。

でもworld cupみたいな国際試合はよく見て応援しております。

そういう人多いんではないでしょうか。

 

 

さて、

皆さんご存じの「鈴木さんちの玉日記」

私も良く読ませて頂いております。

その中で、左右の振りで得意・不得意があって、

最近左右とも同じ位のシュート率になるように練習し克服されたとの内容でした。

 

それに似ているのですが、私にも左右差というのがあります。

下の二つの配置。

↓①

f:id:supragogo:20180617075228j:plain

↓②

f:id:supragogo:20180617075302j:plain

私の台には、各ポイントの交点にマジックで印を着けてあり、練習でよく使う場所には、パンチ穴補強シールを貼ってありますので、正確に左右対称となっているはずです。

上の二つの配置は、ほぼ30度の角度なので、「厚み1/2」。

手玉の正中線上を撞くのであれば、キュー先の狙いは①は先玉の左端で、②は先玉の右端です(スロウを全く考えなければ)。

 

そのはずなんですが、①は左端を狙って撞くと厚めに外します。

(何度撞いても同じように外す)

②は右端でドンピシャなんです・・・・。

これってどういうことなんでしょうか。

 

左右の振りで、角度は同じと認識しているのに、左振りだけ繰り返して外す。

 

その理由を考えてみました。

大きく分けて

1)狙ったところに手玉が行っていない

 手玉の正中線上を撞いているつもりで撞けておらず、トビが出ている。

 左振りの時だけこじっている。

2)スロウのせい

  例えば、手玉の正中線より右側を撞く癖があったとして。

 右振りの時には、それで順捻りになっていて入る。

 左振りの時には逆を入れるからスロウが大きく出ている?

 3)パンチ穴補強シールの位置、もしくはマジックで書いたポイントが微妙にずれているw。イヤイヤイヤ・・・。

 

自分の感覚としては、1)はないと思うのですよ。私の技術的には十分あり得るんですけれど、「うん?」って思って、当る瞬間を見ていても手玉はちゃんとそこに行っている様子。

1/2にちゃんと当たっていても、先玉は全く同じだけ厚く外れるんですね。

こじっても、トビが出ていても結局狙ったところに行っていない筈ですからそれらは違うっぽい。

となると2)スロウ?

確かに、センターショットの時に時々手玉が若干左回転(右を撞いている)が掛かっていることがあります。

それに加えて、30度というのは一番スロウが出やすい角度だそうですけれど・・。

結局、天然逆捻りを撞いているって事かい?。

手玉の正中線より右を撞いているとなると、それはキューの位置を右目の下に置いている事が原因なんでしょうかねえ。

 

自分は真ん中だと思っている所が、実は右側って。何か気持ち悪い。

 

まだそうと決まったわけじゃないけどね。

ちゃんとチェックしておかないといけません。

 

 

 

簡易旋盤 

さてさて、world cupサッカーが始まりましたよ。

日本の初戦は19日のコロンビアですね。

岡崎がふくらはぎの故障で出場を断念するみたいですね。

一つ一つ全力で行くしかありません。

余力を残して後悔しないように、頑張れ。

 

先日、注文した旋盤が到着しました。

旋盤と言っても、金属を削ったり、キューそのものを制作するわけではありません。

目的はタップ交換。

しかも、タップを先角に接着した後の側面削りとR出しが目的ですからね。

 

今まで何回か自分でタップの付け替えをしておりますが、手作業で十分ではあります。

しかし、手でシャフトをグリグリ回しながらタップを削るのって、結構疲れます。

場合によっては先角まで削ってしまいますしね。

やはりそうやっているうちに、「シャフトが真っ直ぐに回ってくれさえすれば・・・」と思い始めるのです。

 

そろそろ、タップを変えたいなと思った時に、何か面倒くさくて腰が重いと言うのではねえ・・・。

 

そういう訳でnetで簡易旋盤を探して、注文したわけです。

届いたものを見てみますと、構造はごく単純。

単純ゆえにしっかりガッチリしていて、十分満足できるものでした。

(一箇所だけ、見ただけでこれはどう考えても弱いでしょというところがありまして、自分で改造しました。)

 

早速、この旋盤を使ってタップの交換をしてみました。

まずは古いタップを切り取って、先角の水平出し。

まだ、古いタップのカスが残っていますが、カッターナイフの刃を軽く当てるだけで

綺麗に取れていきます。↓

f:id:supragogo:20180617052941j:plain

今回はkamui clear blackのM。

clearな座が付いているので、底面をこすって水平出しをする必要がありません。

そのまま、アロンアルファでペッタンコ。

f:id:supragogo:20180617053006j:plain

別に急がないので、玉を撞きながらしっかり乾くのを待ちます。

いよいよ側面削りですが、旋盤を使ったタップの削り方はいくつも動画が出ているので

ここでは割愛。

↓こんな感じに仕上がりました。

f:id:supragogo:20180617053037j:plain

実際にはこの後タップツールでRをもう少し調整しておりますけれど。

 

さて、この簡易旋盤を使ってみた感想をば。

①やはり早くて楽です。今回はアロンアルファがしっかり乾くまで10-15分位放置していましたが、この時間を除けばそれこそ20分位で付け替えが出来ます。

②回っているシャフトに沿わせてカッターナイフの刃を当てて、タップの元の方から削り取っていきますが、基本的に先角は全く傷つきません。

③動力としてインパクトドライバーを使用していますので、本物の旋盤と比べると回転速度が遅いです(回転速度調整は出来ますけれど、限界あり)。そのため、R出しの時に、シャフトがちゃんと一周以上回ったのを確認しながら当てている刃を動かしていかないとRが歪んでしまいます。ゆっくり動かしていけば大丈夫。

④今回は手持ちのカッターナイフの刃を使っていますが、それでも十分出来ます。

でも、ちゃんとしたナイフ(ある程度刃の厚みがあった方がやりやすいかも)を買うかな。